【コラム】元・トマト嫌いの店長 ☆11月10日☆ | 【やさいやふうど】美味しい・採れたて野菜あります。

【やさいやふうど】美味しい・採れたて野菜あります。

東急池上線・雪が谷大塚にある産直青果店“やさいやふうど”のブログです。
野菜や果物を食べること。もっともっと楽しめます!
店長ノムラが季節の採れたて食材と共に、日々のあれこれお伝えします。
good vegetables & fruits make us happy!


テーマ:

こんにちは。てんちょですニコニコ

知っている方も多いと思いますが、、
私はこの(青果店の)仕事始めるまで生のトマトが大の苦手でしたかおあせるあせる
141010_102003.jpg

詳しくは店長プロフィール欄を見てもらうとして。

だめでしたねぇ。。。
保育園だったか、くし切りトマトが出てくるとギャーギャー泣いた記憶がいまだにあります。
学生になって1人暮らしで自炊するようになっても(料理自体は好きだったんで)スライスしてBLTサンドを作ったりはしてましたが。。。

ホールトマト→OK。トマトジュース→むしろ好き。ケチャップ→何の問題もない。
生のトマト→ぐぇ。


そんな私の転機は大学生のとき。
おコメについてあれこれ調べていたので、コメ農家さんに伺って。
自家用野菜の畑で(農家さんの手前、嫌とはいえず)真っ赤なトマトを食べる。


「あれ?トマト(ジュースの)味がする」


食べれたんです。当時22-23歳で人生初。嫌悪感なく。
正直がぶがぶ食べれたわけではありませんでしたが、
この時に“買う(売っている)トマトと味が違う”と、なんとなく気づいたんでしょうね。

その後、紆余曲折あって学生→(お手伝いのつもりで)産直八百屋立ち上げ参加→そのまま就職→いろんな場所で店長をしたのですが、

どこの店でもいちばん多くいただいた感想が、

「野菜が嫌いでなかなか食べてくれない」けれど
ここの野菜は(お子さん・旦那さんが)食べてくれる。」「味がある


これは(今でも)会話してて本当に嬉しいですニコニコ
 ※同じような経験をしていたお子さんが多かったのかもしれません。


この体験の積み重ねが(独立してまで)産直八百屋を続けるシンプルな理由となりました。
八百屋手伝いから数えると12年仕事していますが、伝えたいことは今でも変わりません。

“丁寧に育てる生産者”
“季節・土地柄に合った野菜/品種”
“採れたて鮮度・熟して収穫→美味しい状態で届く”


この3点が、野菜・果物の美味しさに繋がってます。

これ、「生産者の良さ」ですよね。直送はその良さを最大限に活かす物流。
いろんなご縁でこの3点が揃った生産者皆さんと知り合えて今に至ります。

美味しく届いたら、美味しい状態でお客様にお渡しする。
私やスタッフがお店でしている仕事は実はこれだけです。

それぞれの野菜が持つ「美味しさ・良さ」を楽しんで買ってもらえる。
美味しくてまた来たよ、という皆さんのお声はなにより励みになります☆

そう言ってもらえるように、日々精進ですね。
ではまたあした。



***************************************
★コラム一覧★ タイトルをクリックしてください。

店主自己紹介 ~元・トマト嫌いの店主~
お店のコンセプト
野菜を買うとき
当店の特徴/採れたての良さ
農薬使用・不使用は美味しさと関連しない
有機JAS・農薬不使用・慣行栽培に関係なく『おくすり』=農薬 『サプリメント』=肥料
 ※気にするほどの差はありません

自然栽培という表示を使わない理由


------------

野菜の入荷情報については、「いいね!」400名を突破 ☆ありがとうございます☆
やさいやふうどFacebookページ をご覧くださいニコニコ

※Facebookは当ブログ・この画面の右欄からご覧いただけます。
※他、当日入荷状況等詳しくはお店までお問い合わせください

ダウン営業日の正午頃に配信されるメルマガでもお知らせしていますダウン
やさいやふうど・無料メールマガジン にもご登録ください☆
 ※登録後:余計なニュース配信だけ解除する方法 → こちら

******************************

野菜屋・のむてんちょさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス