9月ももう後半。


この連休は台風が来ているし、私は2回目のワクチン接種があるので特に予定はない。


昨年、いやコロナ禍以前から今年のお盆ごろまではこういう連休にどこかへ出掛けずにはいられなかった。去年でさえも一人ふらふらと密かに出掛けていたし。



そんな私だが、最近憑き物が落ちたかのように旅行欲が落ちているのを感じる。見たい物は見に行くし、行きたい時は出掛けるにせよ、連休だからどっか行かなきゃ!!みたいなのが無くなった。


なぜそうなったかというと、デルタ株云々のせいではない。出掛けなくても他に身近な楽しみがあるというに気がついたからだろう。


旅仲間に誘ってもらって成り行きで始めた手芸であるとか、読書とか。あとは食べたい物を食べに行く、または自分で料理するとか。多少なりとも、自分で自分を楽しませることが出来るようになったのだと思う。


やりたい事は遠出の旅以外にも沢山ある。そしてそれは結婚していた頃には時間や自由がなくて出来なかったけど、ひとり身の今はいつでも出来る。


今はそういうことをしていれば満足。

パニック発作の具合も一進一退だし、身体の疲れを溜めないことも大事だから。





旅行サイトの旧アカウントの自己紹介でも書いていたのだが、私はいつも現実逃避のために出掛けていた。仕事、私生活の憂さを晴らすための現実逃避。



当然ながら、逃避なので旅をしたところで問題解決にはならない。楽しいことをし、不満や違和感から一時的に目を逸らすだけ。だから旅を終えると再び次の旅という人参をぶら下げねばならなかった。その無限ループ。



生きているうちに行きたい場所が山ほどあるとか、純粋な旅好きもいると思うけれど、私のように何らかの現実逃避目的で旅をしている人も実はかなりいると私は読んでいる。あとは見栄のため?


あちこちに行かれる自分(またはパートナー)の財力、素敵なホテルに泊まる私、それをSNSで世間に見せて承認欲求を満たしている人は山ほどいる。彼らはそれで自分の心の隙間を満たしているとは自覚していないかもしれない。


一見素敵に見えるし、そういう人達を以前は羨ましかったが、今は「大変だねぇ…」という目で見てしまう自分がいる。インスタなんかは特にそう。オススメで出てくる、見知らぬお姉ちゃんの加工しまくりのキラキラ投稿とかは痛々しささえ感じてしまう。


そういう「素敵な自分」を維持しつづけるのって大変だろう。旅に出て帰ってきた時に「やっぱりおうちが一番ね♪」と思う人も多いし、素敵なことをして楽しんでいるようでも、実は結構疲れる。なんとも言えない虚しさも実はあるはず。


まわりの仲間に合わせて何かのランク維持、またはランク向上に頑張っている方々やキラキラぶりを見せ続ける方は毎日ご苦労様です、という気持ちで見てしまう。これはあくまでもわたし個人の天邪鬼的な考えであり、偏見かもしれないけど。



私は旅もお出かけも好き。

でもジャンキーではなかった。


自分は自分の価値観、やり方で出掛けたい時にだけ出掛ける。それは誰のためでも見栄のためでもなく、自分がそうしたいからする。だから旅行記を書かない時も増えると思う。


行きたいところがあるので、近いうちにちょこっと出掛けるつもり。もちろん出掛ける時は万全の対策、体調で行きたい。


昔のように、疲れているのに無理矢理に旅をするというのはいろんな意味でよろしくないから、そういうバカな事はもうしない。回数も豪華さも気にせず、自分らしい旅をする。


旅は楽しくあってこそ。

これが私の今の座右の銘。