1人目、2人目の妊娠経過の違いを

心理学的視点も含めながら

お話ししたい思いますニコニコ


心が変わることで

起きる現象がかわるのだと

最近とても実感していますびっくり

そんなお話ですにっこり



1人目の妊娠時は

20週頃よりお腹の張りが出てきて

切迫早産の診断にて

その後自宅安静の日々でした赤ちゃん泣き




そんな中、主人は

「大丈夫だって、順調でしょ」

「たまには気分転換にドライブ行こうよ」

と言ってきたり

家事はほとんどしてくれない状況



「なんでわかってくれないの大泣き

「心配してくれない大泣き

「私のこと大事じゃないんだ大泣き

 


と、泣いてばかりいましたショボーン




あげく

「心配してくれないなら心配させてやる!」

と、、、



今ならわかりますが、

子ども心が発動したのですねムキー




妊娠後期に高血圧になり

誘発を3日間かけ

あげく分娩進まず

緊急帝王切開

とフルコースでした笑い泣き



その後は

子どもにイライラ

主人にイライラ

辛い日々でした悲しい




そこでフラクタル心理学に出会い


「心配してくれる🟰愛ラブ

「思い通りに動いてくれる🟰愛ラブ

「自分でやりたくない🟰依存びっくり」 


と思っている

成長しないままの子ども心に

気づきましたガーン




3年ほどかけて自分を正し

変化させた結果

  


2人目は仕事をしながら

家事もして

手伝いを強要することもなく

イライラすることも、時にはありましたがニヤニヤ

順調な妊娠経過を辿っていますハイハイ




「心配してくれることが愛ではない物申す

「思い通りに動いてくれる?わけないじゃない、 自分でやりなさい物申す




依存心が小さくなったことで

相手のことを尊重できるようになり

お互いに協力し合えるようになって

きた気がしますあんぐり



子どものことも大好きになり

自分は愛されている

愛せる人間なのだと

やっと腹落ちしましたにっこり



「子ども心」が

人生に多大な影響を与えるのだと

改めて理解できましたびっくり


 


私、人を愛せない真顔

私、孤独だ真顔

私、いない方がいいのかも真顔

人生なんて楽しくない真顔




こんな風に

小学生の頃から悩んできた自分が

嘘のようです真顔




人はいつからでも変われます看板持ち




自分と向き合う覚悟ができたら

ぜひ前に進んでみてくださいねにっこり

必ず道は開けると思いますにっこり