極真拳武會 廣重杯 | 空手家 野地竜太のブログ
2018年09月18日(火)

極真拳武會 廣重杯

テーマ:指導
9月15日  とどろきアリーナ

「廣重杯」

私が極真空手世界大会に出場した時の日本代表監督を務められた、名伯楽  廣重毅先生の名を冠した大会に生徒を出場させる日が来るとは。

いつもの大会とはひと味違った思いを胸に会場へ。。


野地道場からは幼年部~シニアまで約40名が参戦!


ウォーミングアップ⤴️⤴️

疲労を残さないよう、且つ!瞬時にトップギアで体が動くように、短時間で心と体に火を入れます。

さぁ!
試合開始👊


相手の子も強い子が沢山いました!

みんな厳しい稽古を積んで来たのが一目でわかります。


試合とは「心技体」の試し合い。

当然、真剣勝負だから勝敗が付きます。


トーナメント戦だから、努力して努力して苦しい思いをしても一回戦で負けてしまう選手が約半分。

厳しい現実を体験します。

だからこそ、「一回勝つ」ことの大切さ、難しさ、を日々教えています。そして、負けてからも這い上がる力を付ける指導をしています。

負けの経験こそ、人を強くします!

でも、やはり勝った方が嬉しいんです。当たり前です。

しかし、当たり前には勝てません。そんなに簡単に手に入る勝利に価値は有りません。

苦労して手にする勝利にこそ、価値があり心底嬉しいんです!
おめでとう!

こんな時代だからこそ、子供のうちから厳しい経験、嬉しい経験を沢山して欲しいです✨
上級、しかも重量級での3位!おめでとう!


遂に❗️初優勝❗️
決勝戦では同門対決。延長までもつれる厳しい戦いでした。

同門対決は心身共にかなりキツいです。
だからこそ、「同門対決は価値がある!勝ち上がって同門対決しよう!」と指導してます。

他にも沢山いましたが、最後までいた入賞選手達と📸

色々な道場の先生方から

「野地先生の生徒さんは打ち合いがスゴく強いですね~!」とお褒めの言葉を頂きます。

「ウチはピョンピョン蹴らさずに、まずは苦しい叩き合いから教えてますんで」と答えます。

苦しさから逃げないように。楽な戦い方は教えません。メッキはいずれ剥がれるので。

指導者として、とても嬉しいお言葉です。

着いて来てくれる皆を誇りに思います。

有り難う!


さて!大人の部!
重量級。

軽量級。


今回は大人は少な目のエントリーでしたが、共に優勝!準優勝!

大人の道場生にも本当に頭が下がります。
日々ご多忙な中、苦しい稽古を自分に課して素晴らしい結果を出されました。

高野さん、初優勝!
望月さん、三大会連続準優勝!

いつも言ってますが、大会にでるってスゴい事です!

勝ち負けは付きますが、出た選手達は全員が昨日より「1つ」強くなったはずです。

負けて悔しい気持ちも人を強くしてくれます。

勝敗より大事な事が日々の稽古に隠れてます、そして、大会当日結果が出ます。嬉しい結果、思い通りにならない結果。。そして、また稽古の日々が続いていきます。

人生思い通りにならない事の方が多いです、そこで「踏ん張る力」を養って欲しいです。

空手道に終わりなし。

また今日から皆で踏ん張って前に進みましょう!

選手の皆さんお疲れ様でした!

応援、サポートして下さった保護者の皆様、有り難うございました!皆様のお陰で子供達は厳しい稽古を「踏ん張る」ことが出来ています。

今後ともあたたかく見守って下さい。

押忍。


勝どき駅0分!大人も楽しく毎日空手!23時まで。女性、未経験者も安心☆無料体験もお気軽に☆

野地竜太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス