ホームベーカリー

テーマ:
ホームベーカリーを買ったんで
パンも最近、自分で作ってます。
こんな奴です。
エムケー 自動ホームベーカリー【ふっくらパン屋さん】温泉たまごメニュー付(1斤タイプ) HBH.../エムケー精工

¥12,649
Amazon.co.jp

まだ食パンと温泉たまごしか作ってませんが
食パンはもちもちしていておいしかったです。
ホテル系ブレッドといったところ。写真は
こんな感じ。
$のほほんペンギンの食べ物日記$のほほんペンギンの食べ物日記
けど作るのにはかなり時間がかかります。セットしてから
できあがるまで約4時間。タイマーもセットできますが
こねたりしてるときは自分は気にならないけど
それなりに音がするのでひとによっては安眠を邪魔されるかも。
悪いとこばかり書きましたがそれを補って余りあるほどの
コストパフォーマンスはあります。食パンだけでなく
クロワッサン、温泉たまご、ジャムなんかも作れて
少なくとも食パンの質は本格的なものでした。
焼きあがったときの部屋に充満する香ばしい香り
がたまりません。
他にもいろんなパンが作れるうえ値段は本格派の
炊飯器よりも全然安い。いい商品だと思いました。

ガッテン流カレー

テーマ:
初めて手料理作ってみました。
ためしてガッテンという番組の料理で
ガッテン流カレーです。不器用なんで
見た目はかなり悪いけどおいしくできました。
$のほほんペンギンの食べ物日記$のほほんペンギンの食べ物日記
ニンジン、玉ねぎは煮汁を漉して使うから
野菜嫌いにの人にはいいかもしれません。
いい意味で万人受けする味です。
でもかなり作り方はめんどくさかったです。
ホント大変だった。仕事が休みの日じゃない
とこういう凝ったことはできないだろうな。

ジュリアン

テーマ:
パン屋ツアー最後の店は溝の口にあるジュリアンです。
ここでは55円から惣菜パンが買えるコストパフォーマンス
抜群の店です。メインの価格帯は55円~140円程度。
味はよく言えば昔懐かしい感じの味付け。悪く言えば
工場で大量生産されていてもおかしくない味。
まあそれでもボリュームのある惣菜パンを三つ買って
500円以内で済むのは素晴らしいと思う。
ではまず焼肉パンから
$のほほんペンギンの食べ物日記
値段はもうしっかりと覚えていないけど140円だった思います。
ボリュームがありおなかがすいているときはいいと思う。
この店のパンを食べたときには他の店のパンを食べ過ぎて
正直、味がよくわからなくなっていたので仕方がない。

$のほほんペンギンの食べ物日記
フレンチトースト。確か100円以下で買えたはず。

$のほほんペンギンの食べ物日記
コーンポタージュパン。これはおいしかった。
コンポタ味のクリームとパンってよく合うのか
と感心しました。

$のほほんペンギンの食べ物日記
ハムカツサンド。これもボリュームあります。
おなかすいてるときに食べましょう、、、。

味についてはもはや正確な判断ができない状態だったので
なんともいえませんが安いのひとことにつきます。
パン屋ツアーは非常に気持ち悪くなるまで敢行しましたが
暇つぶしとしては満足できました。次は無理しない程度に
食べ歩いてみようかと思います。

コンディトライ・ノイエス

テーマ:
パン屋ツアーの続き第4弾です。
コンディトライ・ノイエスはどうやらバウムクーヘンが有名な店らしく
昼過ぎについたのですが残念ながら売り切れでした。
ですが目当てのトーストはまだ売り切れてなかった
ので手に入れられました。こんな感じです。
$のほほんペンギンの食べ物日記$のほほんペンギンの食べ物日記右がチーズ入りで左がチーズなしです。持ってみると
他の食パンよりもあきらかに重い。見た目も生地が
ぎっしり詰まっている感じ。味もかなりのおいしさ。
特にチーズ入りはいいアクセントになっていて好み
でした。でも368円は高いんじゃないだろうか、、、。

久しぶり

テーマ:
久しぶりにブログ書きます。
先日までなぜか腰痛を患っていて
仕事には出ていたのですが、動くのもままならない
くらい痛かった日もあったのでしばらく休みの日は
家でおとなしくしてました。またそろそろ直ってきたので
またひっそりブログをつけ始めようかと思います。
腰痛がひどいなか、それでも無理しない程度に
自炊なんか始めたりホームベーカリーでパン作ったりと
新しい刺激を求めて過ごしてました。おいおい記録して
いこうかと思います。

もあ 小麦館

テーマ:
パン屋めぐり第三弾は調理パンを中心に売っている
もあ小麦館です。

コロッケパン(231円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
できたてということで買ってすぐに食べたのですが
これはかなりうまいです。ソースの味も濃くて
コロッケの衣もサクサクでコッペパンもやわらかくて
食材すべてのレベルの高さに驚きました。
ボリュームもありできたてなら買って損はない
一品と思いました。


ジャンボメンチカツバーガー(294円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
ジャンボというだけあってかなりのボリュームがあります。
味のほうもメンチカツがジューシーでちゃんとおいしく
仕上がってました。

ロースカツコッペ(284円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
これも相当なボリューム。これもおいしかったので
メンチカツが好きなのかロースカツが好きなのか
その日の気分や自分の好みで決めればいいと思った。

ジャーマンフランク(179円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
大振りなソーセージが乗っていてパンの中には
ジャーマンポテトが入っているというもの。
これもかなり腹にたまります。万人受けする
おいしさです。

以上の調理系のパンはどれもおいしく感じましたが
すべてボリュームがあるメニューで何個もぱくぱく
いけるものではないです。食べ終わったあとは食いすぎで
だいぶ気持ち悪くなりましたが第4弾に続きます、、、。

パン ド コナ

テーマ:
第二弾はパンドコナです。
まずはアイユ(210円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
徳多朗のガーリックフランスよりも高いですが
ガーリックバターの風味はこちらが上だと思いました。
端から端まで香ばしいガーリックバターの味がして
おいしかったです。

たまご・ポテトサンド(280円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
コンビ二のそれよりかは確実においしいのですが
シンプルゆえにさすがに280円は高いかもしれない
と思いました。でもおいしいことには違いない。

パンドミー3枚(162円)
$のほほんペンギンの食べ物日記
こちらもAOSAN同様もっちり系の食パン。おいしいのだが
AOSANのほうがうまいと思いました。

少し酷評になりましたがおいしいものを売ってることには
違いなくアイユはとてもおいしいと思いました。あとはカレーパンも
おいしいらしくそちらも次回試してみたいです。

AOSANの角食

テーマ:
休日一日を使ってパン屋めぐりをしてきました。
まず第一弾はAOSANから前回は角食が手に入らなかったので
実家のヤボ用のついででリベンジしてついに角食をゲット
して来ました。ちなみに角食の値段は250円。
$のほほんペンギンの食べ物日記
食感は耳は固めで中はもっちりしています。そのままでも
食べれるしトーストにしてもおいしかった。何もつけなくても
よかったけどやっぱりバターをぬって食べたときが一番
うまかった。食パンなんてスーパーで100円くらいで売ってるけど
こういう個人経営のパン屋の食パンはだいたい300円くらいが
当たり前。コストパフォーマンスは最高だと思う。
僕は実家を離れてからパスタをあまり食べていない。
いいかげん自炊も始めようかと思っているので
そうなったら食べたいときに食べれるようになるのかも
しれないがパスタやイタリアンの店って一人では
入りずらいイメージがあってあまりお目にかかれないのが
主な理由です。基本的に一人でいることが好きな自分に
とっては団体でしか入れないような雰囲気の店は
苦手なジャンル。そんな折、見つけたのがマルスでした。
値段が安く量も多くてコストパフォーマンス抜群。
しかも一人でも入りやすくひとごみの少ない
ロケーション、とくれば行くしかない。
頼んだのはチャースパ(650円)。大盛り(+100円)。
$のほほんペンギンの食べ物日記$のほほんペンギンの食べ物日記
セルフサービスでスープも無料でついてきます。
チャースパはチャーシューがゴロゴロ入っている豪快な
料理。でてきたものをそのまま食べてもおいしいが
やや素朴な味。そこでガーリックパウダーをかけてみる
と大きく味がかわりスパイシーで自分好みの味付けに。
これはうまい。チャーシューも柔らかくておいしいし
パスタも山盛りでコストパフォーマンスが素晴らしい。
カルボスパやナポリタンもおいしいらしいので今度は
そちらも試したい。

炭焼喰人のシャトーブリアン

テーマ:
完成したリビングを披露するために両親をウチに招待したら
オヤジのおごりで焼肉を食べることになりました。
おごりということで炭焼喰人の最高級の肉を食べてしまった。
$のほほんペンギンの食べ物日記$のほほんペンギンの食べ物日記
見た目はもはやステーキです。
店員さんの解説によるとこのシャトーブリアン(2000円)
は、以前はホテルとかで5000円で出されていたそうですが
今や不況の時代でそんな値段じゃ売れないからこの価格で
出せるんだとか。それでも高いものは高いんだけど
食べてみたら値段相応の価値アリと思いました。
このシャトーブリアンはわさび醤油で頂きます。
食べてみると肉、というよりも大トロに近い感じです。
意外なおいしさでした。焼き加減が難しいようで
店員さんが焼いてくれます。最高の肉を最高の状態で
食べる、そんな贅沢を実現させてくれました。