のほほんうさぎのブログ

のほほんうさぎのブログ

機械に弱いのでブログもいっぱいいっぱいです。
ペタとかもいまいちわかってないので失礼あったらごめんなさい!

Amebaでブログを始めよう!

2回連続の採卵、2回とも胚盤胞にならずに終わり、

1月から駆け抜けてきた疲れが出たのか・・・


軽くやさぐれておりました。


さて今回、

クリニックの休みの関係もあり、

先生が「一番最初に取れた初期胚を移植しましょう。」

と、いうので初期胚移植をしました。


なんかね、

「もうすぐ凍結代の更新だし、凍結代も勿体無いでしょ。

 胚盤胞もできなかったし、あるもん、先に移植しちゃえば?」

みたいな雰囲気が。


いえ。

実際は違うと思いますが。

いじけた私の心がそう思わせるのですよ。



移植朝、体温36.7。

風邪気味だったのですが。。。



移植が終わり家に着いたのは午後四時。


熱を測ったら37.5度になっていました。

待ってるあいだが辛いわけだわ。


ちなみに昨日の夜 測ったときは35.7。

低いっすねー



当然、先日の判定では Hcg>0.01


はい。

かすりもしてませんでした。



今後のことはまだ考えてません。


不妊治療と不育症治療を別々の病院にして、俵さんに転院するか。


あと1.2回、SLCで採卵するか。


採卵するにしても来年の補助金がもらえる時期まで待つか。

年明けすぐに突っ走るか。



治療費は200万までを予定してましたが、軽くオーバーしました。

というか、200万も出せばなんとかなるだろうと・・・。


甘かったですね。

このまま、400万、500万と増えていくのか・・・


老後も含め、将来設計を考えた上で最後を決める時期なのかもしれません。


体の都合で治療中止よりも、経済的にアウトになるほうが気分的にはきついですね。


顕微をやっている方たちみんな思っていることでしょうが、

ほんとうに保険が適用になって欲しい。


保険が無理なら助成金の制限をなくして欲しい。


もしくは「子供まだ?」というウザイ奴らを黙らせて欲しい。


ああ。やさぐれてますねぇ。



とりあえず、旦那の夜まんまを作ってきます。


今日は

豚汁とたらの焼いたの。

白菜のおかか煮とごぼうサラダ。

昨日の残りのれんこんの煮物の予定です。