昔の文豪さん同士
手紙のやり取りをしていた
資料が残ってますね。


ある日のY新聞に
作家さんのお名前は忘れましたが

「今日は、時間が無かったので
手紙が長文になってしまいました」
という文章に「!!?」


ついつい説明が長くなったり
制作レシピもくどくなりがちなので
「ハッ」としましたね。


短くて分かりやすいって
凄いことなんだなと思いました。


短歌や俳句や川柳
短くても「それ、わかる~♪」って
思いますもんね。


先日レッスンさせていただいた
スタイリングジュエリー®認定講師の
為の「カッティングマシーン講座」も
そこを目指して、さらに絞りこんだ
資料で、開催させていただきました。


100ページ近い取扱説明書を
6ページにまとめました。

操作マークのイラストも
付け加え、薄さを補うがごとく
見やすく修正しました。
実演出来る材料も付き
アイデアの提案もさせて
いただいてます。



資料って、重さや厚みを増やしたい
ところですが、そこを堪えて
薄目にしましたよ。




要は、ぺらぺらに見えて簡単そうに
見えますが、本当はスッゴく
時間かけたんですよっと
伝えたかったんです~😅

全く潔さのない私ですが



取扱説明書を見るのが苦手な方には

すぐ使える。覚えやすい。
制作手順書となってます。