肘が伸びなかった意外な原因。~後編~

テーマ:

(前回からの続きです。)

Iさんにこのことを話すると『?』という顔になり、食事には気をつけていて納豆や藻ずくといった物を意識して食べているのでそれはないかなと言っていたのですが、Iさんは真剣な顔つきになり1つだけ思い当たる食べ物があると言いました。

 

それは・・・。  

 

『レトルトパックのハンバーグ。』

 

Iさんは1人暮らしで栄養バランスを考えてたんぱく質を取るのに丁度良いと考えてそのハンバーグを取っていたそうです。

 

通常なら『なんで添加物と肘の腫れが関係あるんだよ、添加物で関節が炎症を起こすの?』となると思うのですが、Iさんはとても理解のある方で少しハンバーグを控えてみると言ってくれました。

 

その後、Iさんの肘は少しづつ回復し仕事が多忙になり来院頻度は落ちたものの週に1~2回は来院してくれました。

 

その後、私の検査法も理解が進んだので、Iさんの筋力を使って更に何の添加物が身体に影響与えたのか詳しく調べてみました。

 

すると『保存料』と『着色料』というキーワードが出てきました。

 

このキーワードが出た時は、ハンバーグに着色料が入っているのかな?と半信半疑だったのですが、先日再びIさんが来院してくれました。

 

Iさんの調子を尋ねると『先生やはり肘が伸びなかったのは添加物が原因だったみたいです。』と言いました。

 

なんでも添加物が原因かを検証すべく期間をあけてハンバーグを2回食べてみたところ、2回ともハンバーグを食べた翌日は肘が腫れぼったくなったそうです。

 

更にポケットから先生これと言って実際のハンバーグを見せてくれました。

後ろの食品構成部分を見ると驚いたことに着色料の表示がありました。(今は保存料と書くと色々問題があるみたいでPH調整剤と表示されてます。)

 

私自身とても勉強になった症例でもあり、視野を広く見て原因を探っていかないといけないと感じた症例でした。

 

 

当院ではクラニアル療法や内臓クラニアルといった治療法を導入しております。

体の中から自然治癒力を高めて根本治療を目指す治療法です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

『のぐち接骨院。』

 

埼玉県さいたま市南区大谷口2486-1

【問い合わせ】

TEL 048-607-1155

Mail  noguman724@gmail.com

HP        http://www.noguchisekkotsuin.com/

エキテン      http://www.ekiten.jp/shop_5575381/

FACEBOOK   https://www.facebook.com/noguchisekkotsuin/