網戸の網押さえゴムについて | 東京/神奈川の窓のことなら、『まるっとサービス』
新型コロナウイルスに関する情報について

東京/神奈川の窓のことなら、『まるっとサービス』

東京・神奈川周辺で網戸や内窓、障子の張替えやロールスクリーンについてのご相談なら、こちらのブログを見てご連絡ください

 

今日は少し網戸の専門的なお話しをさせてもらいます

網戸のネットをきちんと張るには殆どの網戸は上の画像にある網押さえゴムを使います。

専門的な言葉で言うと『ビート』っていうんですが、まれに網戸を押さえる時 樹脂製の網押さえがあります。

これは、通称 『板ビート』って言います。

今日はとりあえずこのビートについてのお話しです。

一度でも網戸の張替をしたことがある方はご存じだと思いますが、この『ビート』って各メーカーさんによって太さが違います。

代表的なものは 『3.5』『4.5』『5.5』ですが、このサイズなら恐らくホームセンターでも売っていると思います。

それに網戸の枠によってビートの色も変えた方が仕上がりがきれいです。

シルバーやホワイトの枠なら 『グレーやホワイトのビート』 ブロンズやブラックの枠なら『ブラックかブラウンのビート』

でも、ここからが問題なんです!

ビートの太さは、3種類位では とてもとても綺麗に張る事なんてできない!

網戸の枠ってメーカーによってビートの太さが違うと書きましたが、これ製造された年代によっても違います

更に製造された工場のロットによって極端な話、縦桟と横桟で溝の太さも違っていたりしますし

夏と冬だと気温によってビートの柔らかさも違うので、微妙に入れやすかったり入れにくかったりするしので、なかなか大変です

その為 当社の作業車には、かなりのビートは積んでいます。

サイズで言うと 『2.8』『3.3』『3.9』『4.3』『4.5』『5.0』『5.3』『5.5』『5.9』『6.3』『6.8』の11種類で、それぞれグレーとブラック

つまり、どんな網戸がきても、綺麗に張るためにはこれだけ必要なんです!!

上の画像が当社の軽トラの上にかかっているビートです。これが小さいドラムに巻かれていますが、問屋さんから届くのは下の画像

もっと大きなドラムに巻かれているので、車に積むためには小さいドラムに巻き直して、車に積んでます

網戸の張替もこだわると、結果 車の荷台は本当に荷物で溢れかえってしまうんです。

だからこそ、荷台はキチンと整理整頓! 心がけているつもりです

 

これからの季節 網戸は本当に必要です!

『網戸のまるっとサービス』は、東京神奈川であれば、一枚の張替や修理でも伺わせて頂きます。

詳しくは 当社ホームページ  またはフリーダイヤル 0120-961-146 までお問い合わせ下さい

https://marumarutto.jimdo.com/


どうぞ宜しくお願い申し上げます。