夏休みが始まった日。

サマースクールに参加してきた三男(小6)が
息せき切って帰ってきた。

この子は、普段から大げさなので

たいていの事には驚かない母でしたが、
この日は違った。

「エアガンで、撃たれたんだよぉショック!!! 痛い~~!!!」

「何ぃぃ!?DASH!
すぐに撃たれたという場所を確認。

・・・・・

あ、こんだけ、なんだ?ヒヨコ

正直、拍子抜け。と同時にホッとひと安心。
すぐに病院へ行かねばという状況ではないから、それはよかった。
痛いよぉ~ とは言うものの、お腹すいた。 暑い、など普段通りだし。よかった合格

傷の写真を撮らせてもらった。

$のどかなブログ♪-龍撃たれたアップ

直径1cmくらい 赤みを帯びた扁平な腫れがみられます。

$のどかなブログ♪-龍撃たれた

引いて撮影。

右の太ももを、後ろから撃たれました。

こどもを撃つなんて許さん。 しかも後ろから、集団を狙うとはどんな奴なんだ!!

これは、空気銃でしょうか、エアガンでしょうか。
正直私には区別がつかないのですが、子どもたちはエアガンだと言っていました。
あってる?

誰も犯人を、見ていません。
こども達が7,8人集団で下校しているところへ1発発射されたらしく、うちの子に当たりました。
何故当たる・・・・しょぼん

電柱でも撃っておけばいいものをむかっ

最近、市内でも物騒な事件が頻発しており、警察署からの安心安全お知らせメールにも
いろいろ気を付けてください・・・という記事が書いてあり。

きっと、うちの子の事も載るんだわ。みんなにも気を付けて欲しいから、情報教えてあげないと。

と思って、警察署に電話。

海老名警察署に通報電話

出てくれたお姉さんに事情を話すと、ちょっと待ってて下さい…と地域の交番に電話を回される。
やっぱり、エアガンで撃たれた程度だと交番で充分なのねぇ。

お昼時で、こども達が「お腹すいた~!!」 と騒いでるけど、一大事だからそんなの我慢しててDASH!
おやつでも食べてなさい!

なかなか、繋がらないんですけど・・・なんでガーン

ほどなくして、やけにのんびりしたおじさんが、ホンワカと事情を聞いてくれる。

聞いてはくれるのだが、証拠を残すためか?スピーカーホン?というか
自分の声が、こだまするくらい大きくラップしているので、それが気になって話しづらいしょぼんそういうのは苦手。
こどものために頑張りましたが、早く電話切りたい症候群に。

「とにかく、いま行きますよ。」

と お巡りさんが言うので家で待ってました。

パトカー来るよ!

こども達、テンションUPアップ

三男は、思わず玄関を片付けていた・・・そんな元気があれば、大丈夫だねっグッド!

おまわりさんが、笑顔でやってきた。

素朴な疑問だけど、何で笑顔なんでしょう汗市民が管轄内で狙撃されて不安に思ってるっちゅうの。

そのうえ「なーんで110番しなかったのよぉシラー
と繰り返す。

したでしょ。

海老名警察署に電話したじゃないですか。

2度ほどスルーしたけどまだ言うので、とうとう聞いてみた。

「警察署に電話するのと、110番とは、違うんですか?」

私は、同じと思っていました。 同じであってほしい。

ところが

「ぜーんぜん違いますよぉ」

なんですとカゼ

交番のお巡りさんの話によると、110番に電話すると、緊急配備ができるけれど
警察署に電話すると、それだけ出動が遅くなるのだそうだ。

今日のような場合には
私が
「大変です、息子が撃たれました~~!!
と110番をして
   ↓
それを受けた、警察が近所を緊急配備ビックリマーク
   ↓
犯人の特定に至る可能性アップビックリマーク
悪いやつは、逮捕!!

というコトになるはずだったものが

今回は・・・

警察署に電話
   ↓
交番に廻され~
   ↓
こども達の誰もが犯人を見ていない~
親も現場にいず、仮定の話しかできない~
   ↓
その間にも、犯人は、捕まらない。遠くに逃げちゃう。
(警察は、指示が無いから動けない)

「だからぁ~ そんな時には110番してよぉDASH!
「犯人を、誰も見てないんじゃあねぇ~」

と、おまわりさん。…私のせい??!あせるえええっショック!

お願いだから、そこで笑わないで・・・・・しょぼん

そして、 後ろにだんだん引いていき・・・
なんだかんだいって、帰っちゃった。

パトカーのエンジンふかしっぱなしだし。
アイドリングストップ・・・じゃないの?
はじめから、すぐに帰るつもりだったのか。。。?

滞在時間、およそ5分。

早くね叫び??
そういうもの??

まぁ、三男もだんだん元気になり、友達が誘いに来たら遊びに行ってしまった・・・走る人

私も、こどもの傷の程度が、とりたてて大騒ぎする程度じゃないと判断し
警察署に事実を教える程度でいいわ。
と思ったというのもミスだったのかもしれないけど、

教えたせいで、損した気分になるっていうのは間違っていると思う。

やり場のない、もやもやが残る結果に。
また撃たれたら、今度は110番ね爆弾(いいえ、もう2度と撃たれないでね禁止ダメダメ!)
皆さんも、撃たれたらすぐに110番ですよ!(同)


2,3日後。

お巡りさんが、住民登録カードとかゆーものを持ってやってきた。
地域住民全員提出するはずの、家族の情報を書いたカードが何故かうちの分無かった。という話。
近日中に書いて提出してください。

と頼まれる。

仕方がないので書いて持って行く。

近所の交番で。

紙を渡そうとお留守番の警察OB(相談員さん、かな?)のおじさんに「お願いします」といったところ。。。

「あぁ、津田さん!!(-^□^-)いいところへ来てくれた!!」
ーーーな、なに?(早く帰りたい)
思いがけず大歓迎され。
いそいそと、奥からファイルを持ってきた。

「あのねぇ、あの後ですね、私は現場付近をくまなく捜索しまして。」
大事なファイルの1ページから、透明プチつき袋に入ったブツを出してきた。

あれは・・・・ まさか・・・・!!
大きな勘違いを見越して恐怖に震える私をよそに、コドモのようにはしゃぎながら証拠物件を見せてくれようとしている相談員さん。
「現場にね、こんなものが落ちていたんです。私はねぇ、これが証拠物件じゃないかと思うんですよ」

にっこにこ。
ほめて、ほめて♪

良い人はこんな時、始末に負えない。

でも、事実は事実だと思うので話をする。

あのーーー・・・、それ、BB弾ですよね?
「ええこれは、子供が使う銃のおもちゃのですね・・・」

違うよぉ、おじさん。 誰かこの人を止めて長音記号1

うちの子の傷、写真プリントして渡しましたよね?
直径1cmはありましたよ。
当たった弾の直径が、それ位ないとおかしいと思うんですけれど?

相談員さんも、難解事件を解決するお手柄を否定されたので多少おかんむり。
シロート相手に負かされたら警察OBの名が廃るグー

「いえ、私はこの弾が当たったら、あんな傷になると思いますよ。至近距離で当たったら、腫れますからね!!」

あ、あのですね。今回は至近距離じゃないですかお汗こどもが7,8人一緒に居て、誰も犯人を見てないのに至近距離で撃つってどんな影武者だよ!?

「私はねぇ、これがクサいと思っているんですよぉ。 神社の近くって言ってましたよね、どの辺ですか? ここで拾いましたよ。多分ここじゃないかと思っているんですけど・・・・(*⌒∇⌒*)」

違います・・・・
(だいたい、事件の後すぐに細かい場所を聞かないって警察の(交番の)捜査どうかしてるよ!!
っていうか、1回は説明したけどね、)通学路だから、こっちですよ。

「Σ(゚д゚;)えええーーーー・・・ いっぱい落ちてるのをねぇ、私拾ったんですけどねぇ、違いましたかぁ・・・」


やっと、意思の疎通が取れた模様。

分かってくれて良かった。

仕事熱心なのは、とってもいいと思うよ。

諦めきれない様子なので教えてあげると。

先週の神社のお祭りで、BB弾のおもちゃ拳銃が山のように配られてたから近所の子、みんな持ってますよ。神社でみんな撃って遊んでるし、ちなみに当たっても全く痛くない、安~いおもちゃですyo(うちにもある・・・)。


やっすいBB弾の拳銃で、子どもに見られないように撃ったら、あの傷ができるかどうか。
というのが事件解決の焦点のようでしたが、現場じゃないところで拾った弾では全く意味が無いので
話がパトロールの事に切り替わる。

近所を毎日、重点的にパトロールしていますからね!!

と言ってくれる。

ありがとうございます。 これからもよろしくお願い致します。

とお礼を言って交番を後にする。

もう、誰もいたずらにこどもちゃんを撃たないでください。
お願いします!!




なんか、もらった。

$のどかなブログ♪



ピーガルくん、というらしい。http://www.police.pref.kanagawa.jp/p-gull.htm