エッセイ出版に向け、

その過程をあますことなく公開する企画第九弾。

(三○寿氏の私的利用すみません) 

----------------------------------------

前回までのブログでは、

初校(初めての原稿)を修正して提出するまでをご紹介。

 

「①そもそも出版とは」

「②とりあえず書いてみる」

「③そうだ、絵を描いてみよう」

「④本は企画だ」

「⑤ドラマティックな展開」

「⑥出版方法決定」

「⑦初校、襲来」

⑧表紙と紙質と私」

 

------------------------------------------

じつは初校の訂正後に、

約20P程度、

加筆させてもらった。

 

 

なぜ、加筆がしたかったのか。

 

 

それはひとえに、

「より伝えたい事を強調するため」

である。

 

 

 

タイトルにもある通り、

書く事自体は思いっきり自己満足なのだが、

私は、

私の文章が必要な人が必ず居ると

信じて書いている。

 

 

もちろん、

書く事によって最も救われているのは

自分自身だ。

 

 

しかしながら、

私が私を救う為に必死でもがき、

模索し、考え抜いて導き出した

自己救済の過程は、

 

 

似たような場所で苦しんでいる方の心を

少しばかりでも軽くできるはずだと、

心から信じているのだ。

 

 

 

 

 

私は、

女としての生きにくさを感じていた。

人生という名の荒波でもがいていた。

自分に出来る事が何なのか分からなかった。

 たった一人のパートナーに出会えなくて苦しんだ。

大切な人を亡くして心が折れそうになった。 

子育てに行き詰まり誰かに助けて欲しかった。

 

 

 

そんな時、私を救ってくれた言葉たちはきっと、

他の誰かも救えるはず。

 

なぜそのようなことが起こっているのか理由が分かれば、

心が楽になるはず。

 

 

だから私は、それらを文章にして、

それらが必要な方に届けたいのだ。

 

 

 

なので、

6/24(sut)に本を出版するが、

 

じつは本質的に言えば、

既に私の目的は達成されているといえる。

 

 

このブログを読んでくれる人が、

既に何人も居るからだ。

 

 

そのうちこのブログで、

本の文章もほとんど公開する予定なので、

それらを読んでもらえれば、

それはそれでもうオッケーなのだ。

 

 

 

わざわざ書籍化する理由は、

 

「本」でなければこの言葉が届かない人も居るということと、

私自身が「本」の状態のものの方が好きだから。

 

ただそれだけである。

 

 

例えネット上に全て内容が載っていたとて、

私なら本を買う。

だから作る。

 

 

更に言えば、

手にした実感を得れるので、それも大きな理由。

 

つまり、文章を書籍化するという行為こそが、

究極の自己満足なのかもしれない。

 

 

 

 

 

さて、そんなわけで、

2017/6/24(土)と25(日)に、

広島市で、出版記念イベントを開催することにした。

 

↓詳細はコチラ↓

「Essay "究極の自己満足" Publishing Party」

 

 

まぁこれも完全に自己満足の一環なのだが、

要は、私自身が、

色んな人に会いたいのである。

 

 

会場となるギャラリーは、

西条酒蔵芸術祭のアートディテクター横井涼也氏が、

「究極の自己満足」風に空間展示をしてくれるので、

私自身もかなり楽しみな二日間。

 

 

もちろん会場では本も販売するが、

カフェのみ、展示のみ見に来るのも大歓迎なので、

気軽に立ち寄っていただきたい。

 

子連れでのご来店も大歓迎なので、

ちょっとした気晴らしに来ていただけたら幸いだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば生理痛は、

こどもを産む可能性がある子宮が、

定期的に内装を整えることにより起こる。

 

 

しかしながら、

これが生理痛と分かるまで多くの女性たちは、

月に一回お腹が痛くなる事が、

不安で怖くて仕方がなかったはずだ。

(血も出るし)

 

 

 

その痛みがどこから来るのか、

それが何の為にあるのか、

どうしたら和らぐのか。

 

それらが分かりさえすればどれほど楽になるか、

想像するに容易い。

 

 

そんな風に、

ほとんど全ての問題(と思われる某)は、

精神の在り方次第で、

見え方と感じ方が変わる。

 

 

 

エッセイ「究極の自己満足」は、

自分の生理痛がどのようなものなのか解説し、

なぜ其れが起こるのかを研究し、

その痛みを和らげる方法を模索した、

 

そんな本なのだ。

 

 

{5C666D5F-99BC-44DF-8EFD-52399CD06D21}

 

 

とまぁ、

 

 

大層なことを書いてみたものの、

冒頭の絵を見てもわかるように、

ふざけた内容もかなりある。

 

 

あまり気負わず読んでいただいて、

うっかり気が楽になってもらえたら本望ですわ。

 

 

 

 

 

そんなわけで皆様、6/24、25日は、

会場でお待ちしております!

※生理痛についての悩み相談は受け付けておりません

 

 

 

 

 

さて、エッセイを出版する過程を公開する同企画だが、

ようやく現実世界に追いついた。

 

そんなわけで次回は、

「⑩失恋時のシングルベット効果」

 

 

 

 

 

 

2017/6/24出版 エッセイ「究極の自己満足」

本編も一部公開中↓

 

★就職で悩む貴方へ

「コンビニのおじさん」

たまたま面接に行ったコンビニのおじさんに

人生を変えられた話

 

★これから出産に挑む貴方へ

「出産」

一人目出産の際、イメトレを重ねて挑んだ話

 

★暇な方へ

「乙姫が玉手箱を渡すより前にすべきこと」

浦島太郎の理不尽さを研究し、結末を哀れむ話

 

★産後のメンタル面でお悩みの貴女へ

「産後クライシスの仕組みと解消法」

産後クライシスが起こる仕組みを知れば、

対策ができるのでは、という話

 

★本を書きたい貴方へ

「プロローグ」

エッセイ「究極の自己満足」を書くに至るきっかけ

-------------------------------------------------------------

2017/6/24(sut) 出版記念イベント開催

ギャラリー 18帖の空間。mosaic

広島県広島市西区横川2-9-7

10:00~19:00

 

このブログは、2017/6/24に出版予定の

著書公開を中心としたエッセイです。

「旅」「日常」「アート」「子育て」「女」「家族」

をキーワードに綴っています。

よろしくお願いします。

 

※私の記事はシェア、リブログともに自由です。

--------------------------------------------------------------

野田夏梨 Noda Karin

エッセイスト / イベンター / パティシエール 

http://www.spancall.net/introduction

 

アートイベント「西条酒蔵芸術祭2017」

http://www.saijo-artfest.com

 

2017年6/24出版予定エッセイ「究極の自己満足」

 

進捗情報は随時更新