{7BC21629-57D7-450B-9454-D4D4F5239699}

 

前回までで、

 

エッセイを書き始めたくだりから、
印刷会社さんとの打ち合わせに至るまでをお話してきた。
 
 
 
 
さて、
なにせ出版したことがないものだから、
どこからどこまでを自分ですれば良いのか
分からない状態だ。
 
 
普通なら、文章さえ書けば
プロデュースしてもらえるのかもしれないが、
 
私が作りたい本は、
無駄に凝り性な性格がたたって、
こだわりポイントも結構ある。
 
 
ゆえに、
伝えたい情報をまとめた企画書とプラスで、
ビジュアルイメージも必須なのだ。
 
 
 
 
文章や絵を発表したことのある人ならわかると思うが、
目の前で誰かにそれらを見られることは、
非常に恥ずかしい。
 
 
まるで、
いじめっ子にラブレターを拾われて、
クラスみんなの前で音読されるかのような
辱しめなのだ。
 
 
そのプレッシャーに耐えうるためには、
自信作を仕上げるしか道はないので、
 
打ち合わせ前の数日は、
文章の見直しも徹底的に行った。
(最初からやれよという声なんて聞こえない)
 
 
 
そして、
USBを片手にコンビニへ走り、
後方を何度も振り返りながら大量印刷し、
 (後ろで誰かに待たれるというプレッシャーに弱い為)
 
完成イメージに近い「本」のようなものを作成。
 
{603761DC-BDE5-4B24-9F1F-41D23722E458}

前回までのお話を読んでくれた方はお気付きと思うが、
 
私がコンビニで大量印刷し、
この「本のようなもの」を作ったのは、
これでかれこれ11個目。
 
 
それでようやく、
外観、内容共に納得したのものが、
完成したのだ。
 
 
 
 
 
 
本の全てをまとめた企画書と、
「本のようなもの」を手に、
いざ、
打合わせ会場へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、
 
 
結果から言うと、
 
 
イメージをバキバキに仕上げ過ぎていて、
打ち合わせ相手のAさんに、
かなり驚かれてしまったということ。
 
 
 
薄々そんな気はしていたが、
こんなに気合いを入れた完成イメージと
企画書を持参する人は居ないらしく、
(そりゃそうだ)
 
 
ロープレで例えると、
最初のダンジョンでレベル20まで上げて、
次のダンジョンの敵の弱さに拍子抜けした状態である。
 
 
 
 
ちなみに通常は、
表紙のデザインや文中デザインもしてくださるそうなので、
 
絵が描けなくても、
特別なソフトが使えなくても、
 
究極、「本をつくりたい」という気持ちさえ持ち込めば、
完成までしっかりサポートして付き合ってくれるとのこと。
 
 
本を出版するという目的地へ行くのに、
こんな方法もあったとは、
数ヶ月前の自分に教えてあげたいほどである。
 
 
 
 
予算も、大手出版社で自費出版となると
結構な投資をしなければだが、
 
今回紹介していただいたニシキプリントさんは、
ほとんどリスクが無い規模からチャレンジ出来る。
 
 
むしろ、兼ねてからの「本を出す」という目標が
達成出来ることを考えたら、
個人的にはノーリスクハイリターン状態。
(ちなみに言っておくが、私はニシキプリントさんの回し者ではない)
 
 
 
 
そんなわけで私は、
ニシキプリントさんのAさんと一緒に、
出版まで進むことに決めたのだ。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにこの打ち合わせは2017/2/4だったのだが、
 
2/19に2人目の子を出産し、
3/12〜20まで西条酒蔵芸術祭の開催があったので、
 
書籍化に向けての本格始動は、
4月からとなる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エッセイ本編も一部公開中↓

 

「オジサンに500円」

通りすがりのおじさんに500円あげたはなし

 

「出産」

一人目出産の際、イメトレを重ねて挑んだ話

 

「乙姫が玉手箱を渡すより前にすべきこと」

浦島太郎の理不尽さを研究し、結末を哀れむ話

 

「産後クライシスの仕組みと解消法」

産後クライシスが起こる仕組みを知れば、

対策ができるのでは、という話

 

 

 

-------------------------------------------------------------

このブログは、2017年春に出版予定の

著書公開を中心としたエッセイです。

「旅」「日常」「アート」「子育て」「女」「家族」

をキーワードに綴っています。

よろしくお願いします。

 

※私の記事はシェア、リブログともに自由です。

--------------------------------------------------------------

野田夏梨 Noda Karin

エッセイスト / イベンター / パティシエール 

http://www.spancall.net/introduction

 

アートイベント「西条酒蔵芸術祭2017」

http://www.saijo-artfest.com

 

2017年春出版予定エッセイ「究極の自己満足」

 

進捗情報は随時更新