引退ブログ〜らん〜 | 東京農業大学女子ラクロス部

引退ブログ〜らん〜

こんにちは☀️

4年らんです!





ついに最後のブログを書く日が来てしまいました😢





私は、入学前からラクロス部に入部することを決めていました。





日本一という言葉に惹かれた。

チームの雰囲気に引き込まれた。




という理由で入部した人も多いと思いますが、私はただスポーツが好きで、何かスポーツに熱中したいという想いで最後の学生生活をラクロス部にした捧げることにしました。







引退間近となって思い返してみると、

今の自分は入部当初に描いていた姿とは違いました。






「プレーでチームの勝利に貢献する人になる。」いや、なっているの方が正しいですね。

勝手に、学年が上がれば試合に出れるようになると思っていました。

今ではそういう考えがダメだったんだなって思っています。







ただ、描いていた姿とは違いましたが、想像していた以上のものを得ることができたと思います。







私は、あまり昔のことを覚えておけない人なので、正直12年生の頃のことはあまり覚えていません。笑




ただ目の前のことにがむしゃらだったからかな。








3年生。

チームのこと、ラクロスのことを

沢山考えた1年間。






Bリーダーになって、自分が上手くなることばかり考えていた今までとは違い、チームで勝つ為に何が足りないのか考えるようになりました。





自分の考えを、今まで以上に伝えるようになったし、チームの雰囲気を大切にしました。







MGからBが上手くなったと言ってもらえたときは本当に嬉しかったです。(人伝で😂)






Bにいた4年生をはじめ、後輩たちが受け入れ、付いてきてくれたおかげだと思ってます。

ありがとう。









4年生。

4年間で一番苦しかった。




自分の成長のしなさに、

日に日に嫌気がさした。




4年生からやっていかないと」

コーチから求められるもの、

「もっと自分のこと考えてもいいんじゃない?」同期から言われたこと、





正直、どうすればいいかわからなかったし、

ずっと心にモヤモヤがありました。








私はいつも自分の気持ちがバレないように、そして、自分自身でも見て見ぬ振りをするように壁を作ってしまうことがあるけど、いつも同期からの言葉は良くも悪くも図星で、自分と向き合い前を向く機会をくれました。








応援されるチームになろう。

そう言って、始まった19チーム。







実際に、周りの人がどう思ってくれているかわからないけど、私は、最後まで諦めずに戦っているみんなも、負けても前を見て次戦に向かう姿勢も、本当にかっこよく、全力で応援してよかったと心から思ったし、もし次戦、自分がベンチに入れなくても全力で応援しようと思ったよ。







4年間、何度も「部活に入らない大学生活を選べばよかった。」って思いました。







部活に入らなかったら、

朝早く起きなくていい、

次の日のことを考えずに思いっきり遊べる、

海外旅行に行ける、

勉強に力を注げる。(それはきっとないけど笑)


 





入らなかった方が、充実してたかもしれない。

やり直せたら、サークルに入ろう。何度も思った。








でも、引退間近となったいま、

「引退したくない」

「もっとこのチームでラクロスがしたい」

そう思うようになりました。







来年も再来年もある後輩をみて

羨ましいと心から思ったし、

時間が止まればいいのにって今でも思ってます。







ただ、時間は過ぎていくもので、

引退の日は刻一刻と迫ってきます。







あと何日で引退かはまだわからないけど、

残りの時間まだまだ成長できると信じ、

後悔しないように頑張ります😁








最後に、



大石先生、安藤先生をはじめ、

休日返上で私たち以上に私たちのことを考え、熱くご指導してくださったコーチ






練習や合宿、試合に来ていつも応援し支えてくださるOG





いつもやりたいことをやらせてくれて応援してくれる家族






こんな4年生を慕って(?)付いてきてくれる後輩





私たち以上に、ハードスケジュールで

プレーヤーからのわがままも受け入れ、

全力でサポートしてくれたスタッフ陣






関わってくださった全ての方に感謝です。

ありがとうございました。




引退する日まで、感謝の気持ちを忘れずに

全力笑顔で駆け抜けます🏃‍♂️