2018シーズン 野田FC 【C】/【U-10】 | 野田FC

野田FC

堺市立野田小学校で活動しているジュニアサッカーチームです。


テーマ:

【C】チームの「年間目標」として、必勝を期して参戦したブレイザーズ・カップ

ブレイザーズ・カップ及び四種リーグを戦う上で、リーグ戦における得失点差(レギュレーション)については、これまで十二分に説明して来た。

日々のトレーニングにあっても、
TRMにも
カップ戦にも
遠征の時もetc

相当分かりやすく、
何度も何度も事あるごとに
得失点差の怖さについても
得々と説いて来た…つもりである…

ゴール前の独りよがりなプレーや
無責任なシュートミスが重大なチームの痛みになることも…

逆に歓喜になることも

本日の2018シーズン(H30.9.2)【C】チームのブレイザーズ・カップは、まさに得失点差での結果となった。(同率でのコイン・トス負け)

コイン・トス負けでの結果を問うてる訳でない。

あれだけ「得失点差の怖さ」について、
説いて来たにも関わらず、
誰も目の前で行われている対象チームの結果に興味を示さない…

本カップ戦にかける熱量が1番高かったのが、
担当コーチであった自分であったのが情けなく、
なんとも寂しい…

オフ・ザ・ピッチにおいても主体性も無く
積極性もない今の【C】チームだが、
「ブレイク・スルー」は、ちょっとしたきっかけと少しの成功体験から生まれると思う。

次節の決勝トーナメントまで時間は限られてるいるが、想定出来る準備は万全を期したい。

担当コーチとして、ある意味忘れられない日となったので、ここに書き留めておく事にする。

文責・名越

野田FCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス