倒産抑制でひずみ蓄積 昨年、57年ぶり低水準
返済開始で息切れも、政府や金融機関の融資55兆円

企業倒産が歴史的な低水準となっている。新型コロナウイルス禍2年目の2021年は6000件超と1964年以来57年ぶりの少なさになったようだ。政府や金融機関が約55兆円の融資で資金繰りをつないだ。半面、中小企業の返済能力は約10年ぶりの水準に低下し、返済の本格化で息切れする懸念も強まる。

 

政府は20年5月に、政府系金融機関のみだった実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の担い手を民間金融機関に広げた。債権が焦げ付いても信用保証協会が代わりに弁済するため、金融機関が積極的に融資に乗り出し、20年1月から21年12月下旬までの中小企業向けコロナ融資の承諾額は政府系と民間合わせて約55兆円に達した。

財務省の法人企業統計調査によると、21年6月末の企業による借入金は前年比37兆円増えた一方、手元資金も9兆円伸びた。

 

「ゼロゼロ融資(実質無利子・無担保融資)の返済が本格的に始まる22年以降、企業倒産が増勢に転じる可能性が高い」

 

 

 

【野田のニュース要約】

倒産件数が、57年間で一番低い。
とにかく、政府の無利子、無担保融資が効いた!

 

しかし、

返済を遅らしていた企業が返済が始まる今年

倒産件数が増えるのではないかとのこと。

 

政府の政策はよかったのか?

それとも悪かったのか?

その判断は、もう少し後のことになるのであろう。

 

しかし、経営はキャッシュフローがどうなっているか?

月々がプラスであることが当たり前大切になってくる。

 

※日々、気になるニュースは、LINEで発信してます。

 登録お待ちしてます\(^o^)/
 >> 
https://line.me/ti/g2/uCJHtP5NzWaX0ziLq4lr7w?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default