デジタル通貨、年内にも試験発行
メガ銀やNTT、70社連合

三菱UFJ銀行をはじめ3メガバンクやNTTグループなど約70社が参加する企業連合が、年内にもデジタル通貨の試験発行に乗り出す。銀行預金を裏付け資産として発行し、企業間送金や大口決済など資金用途の可能性を探る。早ければ2022年後半をめどに流通を始める計画だ。

 

デジタル通貨は出し入れ自由で、企業にとってはデジタル通貨の方が利用しやすい。業界の垣根を越えた企業が連携した決済基盤が実現できれば、企業間送金や大口決済のスピードをあげられるほか、送金コストを下げられる可能性もある。

 

 

 

【野田のニュース要約】

 

この記事を見て、
「だから、暗号通貨は、良いし、やっておくべきだ」

という人とは、あまり近づかないようにしよう。

 

その人は、モノの見方が浅はかなはずだから。

 

暗号通貨と、デジタル通貨は考え方が根本的に違う。

デジタル通貨は、前から言っているように

かならず、普及するだろう。

 

デジタルの技術で、送金決済が楽になるのだから当然開発が進む。

そして、デジタル通貨は、必ず裏付けがある。
 

暗号通貨は、いわゆる、子供の頃のメンコや、大昔のチューリップバブルと同じ考え方だ。

 

欲しい人が過度に集まると、高くなり、
そうでなくなると下落する。

単なる投機案件でしかなく

 

お金としての価値はない。
お金は中央銀行など保証していないと

不安で流通できないからだ。

 

まー、何はともあれ、

暗号通貨は、お金に取って代わることはなく

 

しかし、デジタル通貨は、そのうちに、現金に取って代わる可能性がある。

 

※日々、気になるニュースは、LINEで発信してます。

 登録お待ちしてます\(^o^)/

 >> 
https://line.me/ti/g2/uCJHtP5NzWaX0ziLq4lr7w?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default