テレワーク、地方に磁力
通信速度・働く空間、滋賀・彦根が首位 家広く拠点多彩

新型コロナウイルスの流行で自宅や貸しオフィスでのテレワークが広がっている。日本経済新聞が人口10万人以上の285市区を対象に、テレワークに適した環境が整っているかどうかを分析・採点したところ、首位は滋賀県彦根市だった。上位には地方の中核都市が並んだ。

 

6月の内閣府調査によると、東京圏在住者の3割が地方移住に関心を持ち、うち25%が「テレワークで同じように働けると感じた」との理由を挙げた。

 

 

 

【野田のニュース要約】

地方に人口が分散することは、すごく良いことだと思う。

人口が集まることの

優位性があったが

最近はデジタルにより

 

人口が集まらなくなっても

成り立つようになってきた。

 

そうなると、

地方の物価の低さ、住居の広さ、自然の豊かさで

地方に軍配が上がる。

 

ただ、テレワークの環境に整っているかというと

まだまだな分もあるだろう。

 

それと、何かあったときに、会社に行ける距離というのも

まだまだ安心感がある。

 

業種により違うだろうが

数年で、地方に分散する流れができる気がする。

 

楽しみだ。

 

 

 

 

※日々、気になるニュースは、LINEで発信してます。

 登録お待ちしてます\(^o^)/

 >> 
https://line.me/ti/g2/uCJHtP5NzWaX0ziLq4lr7w?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default