米航空大手、コロナ下初の黒字 4~6月純利益260億円

米航空大手の業績が急回復している。22日に出そろったアメリカン航空など大手3社の2021年4~6月期決算は、合計の純利益が2億3700万ドル(約260億円、前年同期は94億ドルの最終赤字)と、新型コロナウイルス下に入った20年1~3月期以降で初めて黒字になった。

 

最終損益で黒字だったのはアメリカンとデルタ航空の2社。ユナイテッド航空は最終赤字だったが、赤字幅はコロナ下で最も小さく7~9月期の黒字転換を見込む。22日に発表したアメリカンの純利益は1900万ドル(前年同期は20億ドルの最終赤字)だった。

 

21年4~6月の売上高は前年同期比4.6倍の74億ドルだった。3社合計の売上高は4.4倍の200億ドル。21年1~3月からは76%増の急回復ぶりだ。

けん引役は「19年の同時期を上回る米国内の観光需要法人需要の持ち直し」

 

変異ウイルスの拡大に対して各社は「キャンセルは生じていない」(ユナイテッド幹部)、「陽性率上昇に伴う予約の鈍化はない」(アメリカン幹部)という。ユナイテッドの調査ではマイレージ会員の84%が6月末時点でワクチン接種を終えており、ワクチン普及が需要を下支えするとの見方だ。

 
輸出、コロナ前上回る
1~6月23%増、米中向け堅調
財務省が21日発表した2021年上期(1~6月)の貿易統計速報によると、輸出は前年同期比23.2%増の39兆8572億円だった。新型コロナウイルスの感染が拡大する前の19年上期の水準を上回った。伸び率は11年ぶりの大きさ。経済回復で先行する米国や中国向けが堅調で、特に自動車の輸出が増えた。
 
【野田のニュース要約】
いよいよ、経済の回復速度が速くなりそうだ。
 
アメリカの航空産業は、国内観光と、国内の法人需要が戻り
そして、
日本でも、自動車産業が先行して経済回復をけん引している。
 
そして、日本ではいよいよ、オリンピックが始まり、
日本人は、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざがあるように
 
オリンピックが盛り上がりを見せ、興奮度合いが上昇すれば
それに伴って、消費も上昇する。
 
今年後半はものすごいことになるだろう。
 
面白くなりそうだ。
 
ぜひ、オリンピックも史上最高のメダル数を取得し、経済を後押しして欲しい。
 
※日々、気になるニュースは、LINEで発信してます。
 登録お願いします\(^o^)/
 
 
■ 上向いている数値は何か?
 

続きは、