ワクチン証明、来月発行
まず書面、デジタルも検討 官房長官表明

加藤勝信官房長官は17日午前の記者会見で、海外渡航者への新型コロナウイルスワクチンの接種証明書を7月中下旬から発行すると発表した。まずは紙で証明書を出し、デジタル方式の交付も検討する。

 

 

 

【野田のニュース要約】

いよいよ、アフターコロナが本格化してきそうだ。

日本も、7月から、ワクチンパスポートが始まる。


都内では、64歳以下の人の接種券配布も始まった。

品川区では窓口に殺到したようだ。

 

 

いろいろな人に話を聞くと

夏の旅行から、予約や移動が多くなりそうだ。

 

そして、本格的には

希望者のワクチンが50%超えるだろう、9月から本格的に
回復するだろう。

 

 

■ アフターコロナ何を準備しないといけないのか?

 

続きは、