1日100万回接種ならGDP1%押し上げ 民間試算

政府が目指す1日100万回のワクチン接種が実現すれば、実質国内総生産(GDP)を実額で1%押し上げるとの民間の試算が18日、まとまった。

みずほリサーチ&テクノロジーズが試算した。

 

新規感染者数は

50万回では9月になって明確に減り始めるが、

100万回なら8月上旬をピークに減少に転じる。

外出制限を緩め、人出の水準をコロナ前に比べ10%減から5%減に緩和できるタイミングは、

50万回は22年1月、

100万回は21年10月ごろと見込む。

 

経済活動がほぼ正常化できる時期も

50万回なら22年4月と想定するが、

100万回なら同年1月となる。

 

 

【野田のニュース要約】

経済回復実現速度は速くなりそうだ。

 

今年の後半、9月10月から

かなり、世の中は元のように動き出すだろう。

 

GDPが3%半ばになるという予測が正しければ

コロナ前より高く、

2017年 1.7%

2018年 0.6%

2019年 0%

2020年 -4.7%

この数値から見ると、驚異的な好調になると言うことだ。

 

 

期待しよう。

 

■ GDPなどさらなるデータによる解説。日本は良くなるのか?

 

続きは、