プラ循環法成立 コンビニ・外食、対応へ
素材各社は代替品開発

プラスチック廃棄物の削減をめざす新法「プラスチック資源循環促進法」が4日、成立した。小売店や飲食店で使い捨てのストローやスプーンなどの削減が義務づけられ、コンビニエンスストアや外食チェーンは対応を迫られる。コンビニなど関連業種では、プラスチック製スプーンの有料化や紙などを使った代替品を模索する動きが出ている。

 

セブン―イレブン・ジャパンなどコンビニ各社は現在、パスタやカレーの販売時にプラスチック製フォークやスプーンを無料で提供する。新法成立を受け「今後は有料化を含めた対策を検討する」(コンビニ大手)。

 

【野田の要約】

2020年7月から、レジ袋が有料化になった。
それに続いての法制化だ。

 

レジ袋の有料化で、辞退率はあがり、
環境に対する啓蒙活動としては功を奏した。

 

ただ、レジ袋は、日本の廃プラスチックの2%と言われ
本当の環境保護としては、まだまだのようだ。

 

しかし、直実に、環境意識は高まり、

 

確実に、プラスチックは減少していくのだろう。

 

人間は、知恵がある。

すぐにでも、動植物から生まれた、再利用可能な有機性の資源を使ったバイオマスなどが普及するなど

代替できると思う。価格も、技術の進化により、ドンドン安くなるのではないか?

 

だからこそ、環境は意識をしていかないといけないだろう。

 

 

■ 環境意識をどのように打ち出すと良いか?

 

続きは、