2018年11月ビジネスサークル経営勉強会より

 『あゆむ ビジネスの歴史を知り、ビジネスの未来を占う』
 ビジネス、経済の歴史はどうなってきたのか?そしてどうなるのか?


【内容】


1760年代から1830年代にかけてイギリスで起こった


ここが歴史上最初の


ビジネス史の始まりと言われる




「産業革命」






歴史は繰り返すと言うが


もちろん繰り返す部分と繰り返さない新しいものがある。






20世紀の日本では


特に


戦後は、ものづくりの時代だった。




20世紀は、とにかく、工業、製造の時代であり


それが効率よく


うまくいく仕組みが何よりも


企業を動かすのに長けていた。








トヨタの、カンバン方式、見える化、トヨタ生産方式。


ホンダの白いつなぎ。






これは効率よく、製造するには抜群の効果を発揮した。




しかし、


21世紀になると、


製造業も様変わりをしてきた。






一番は、


自前主義が、専門は専門に任せる協力主義に変わってきた。




現代世界の時価総額1位か2位を推移している


アップルは


製造業だが、工場は持たない。








このあたりから


世界の歴史は変わり始めた。




自前主義ではなく、協調主義。




そして、


時間で稼ぐ発想から、アイデアで稼ぐ発想に変わり


とにかく、"早く" 、"効率よく" がビジネスになったのが


"時間を待ってでも、それが欲しい" という時代に変わった。




今までのビジネス史を知り


これからのビジネス史を予想する。




変わるものと変わらないものを整理する。






事業計画を作成、見直すのにぴったりな


ビジネス史をお伝えしたいと思います。