ANA、来年にもドローン配送
規制緩和にらみ参入

2022年度にも、国内でドローン(無人小型機)による物流サービスに乗り出す。ドイツの新興企業が開発したドローンを導入し、全国の離島や山間部に日用品や医薬品を運ぶ。政府が22年度にもドローンを飛ばす空域などの規制を緩和するのをにらみ、輸送インフラとしてのドローン活用が離陸する。

提携したドローンの会社は、ドイツ。
UPSなどとすでに提携をしている。
ウイングコプター(ヘッセン州)と提携した。同社は最高時速240キロメートルで、

一般の汎用ドローンの10倍以上となる120キロの距離を飛べるドローンの技術を持つ。

 

 

今、航空業界は大変な時期だが、新しい芽を育てることをしているANAはすごい。

2022年度を見越して。

もうすでに、未来は始まっている。
未来を見て、今を過ごすか。
過去の延長で過ごすか?
その選択で大きく今やることが変わる。

 

ANAは、こんなことにも挑戦している。

「翼のレストランHANEDA~地上でファースト・ビジネスクラス体験~」

長距離国際線にご搭乗いただかないと体験できないANAファーストクラス・ビジネスクラスのお食事やサービスを、羽田空港に駐機している国際線機材の座席・空間を利用して再現し、期間限定レストランとしてご提供いたします。

ファーストクラス: 59,800円
ビジネスクラス:29,800円

 

 

チャレンジすることは、言うのは簡単だが、実際に行うのは難しいのでは無く、面倒だ。
それをやることが、素晴らしい。

新たなことを挑戦し続けたいものだ。