スマホ使用、少ないと好成績

中学生の成績はスマートフォンや携帯電話の使用時間が短いほど良くなることが、大阪市教育委員会の調査で分かった。

スマホなどを持つ生徒は中学1、2年生とも9割以上を占めた。

 

1日あたりのスマホの利用時間が

30分未満の生徒の算数の平均点は59.2点、

1時間以上2時間未満は57.0点、

3時間以上4時間未満は45.6点と、長時間になるほど成績が下がった。

国語、英語も同様の傾向。30分未満の生徒と4時間以上の生徒の得点差は、国語11.2点、数学18.1点、英語17.2点に上った。

 

 

【野田の解説】

 

スマホの長時間利用は、大人でも影響度合いがある。

スマホを見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまうので

意識して、スマホを遮断しないと、

やらねばならないこと、やった方が良いことがおろそかになる。

 

だから、スマホを離すことを意識的にすることが大切だろう。

 

それと面白いのが
スマホ利用時間は少ないほど成績が良いが
では、スマホを持っていないと、さらに成績が良いかというとそうではなく

スマホをもっている人で、時間がちゃんと制限できる人の方が成績が良いのが面白い。

■ これは、明確に理由がある。その理由は?