「70歳まで就業」道険しく
希望者に機会確保「努力義務」に 生産性高める制度必須

70歳まで働き続けたい人に就労機会を用意することが4月から企業の努力義務になった。

 

高年齢者雇用安定法は定年の引き上げ、廃止や再雇用により、希望者全員の65歳までの雇用を企業に義務づけている。これに加え、希望する人の70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする改正法が2020年の通常国会で成立。21年4月1日に施行された。

https://www.mhlw.go.jp/content/11703000/000715048.pdf