英11月GDP2.6%減、回復にブレーキ 都市封鎖響く
英統計局が15日発表した2020年11月の英国内総生産(GDP)は、前月比2.6%減だった。マイナスは7カ月ぶり

20年11月は全体の8割弱を占めるサービス業が3.4%減とマイナスに転じた。

製造業は0.7%増と拡大を保ったが、前月の1.6%増から鈍化した。

建設は1.9%増(前月は1.5%増)

コロナのワクチンが変異種の関係もあり、あまり効かなかったら

オリンピックも中止となり

GDPのリバウンド回復ならず

 

2020年に引き続きマイナス成長になり

政府の下支えが減少する可能性もあることを想定し準備しておかねばならない。