夫(妻)の浮気を迷宮入りさせるな! | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

浮気調査、浮気・不倫の慰謝料請求の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。
役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。
しかし!浮気調査・慰謝料請求・離婚のことなら岐阜県でNo1だと自負しております!!
どうぞよろしくお願い致します。

※ブログ記事は、かなりくだけた内容も書いています。浮気調査、慰謝料請求、離婚などについて詳しくは、各ホームページもご覧ください。

【岐阜本部】
◇探偵法務's(たんていほーむず)  (総合調査部門)
◇SPY探偵事務所 (浮気調査専門部門)
◇行政書士TOMO法務事務所 (慰謝料請求・離婚専門) 

【岡山店】
◇探偵法務's岡山 (総合調査・岡山県岡山市)※特に浮気調査、カウンセリングに力を入れています。

◇探偵法務's東海 (開業準備中・岐阜県可児市)

【メディア出演】
◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」←過去の番組をご視聴頂けます。
※代表の野田知宏が3年以上にわたりパーソナリティーを務めていました。

◆FC店募集◆

弊社では、一緒にグループ盛り上げて頂ける、真面目で誠実なFC加盟店さんを募集しています。

女性オーナーさんも歓迎!

興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。
===================================

 

ここのところまた、多いかのが、証拠がないのに浮気夫(妻)を問い詰めてしまった後のご依頼です。

 

中には、相手方女性の勤務先に乗り込んでしまった女性もいらっしゃいました。

 

最悪のケースです。

 

当然ですが、相手方女性は「ただのお友達で、体の関係などやましい関係ではない」と全否定でした。

 

言っておきますが、問い詰めたくらいでは、ほとんどの奴は白状しません。

 

 

なので、どうせ相手方のところに乗り込むなら、拉致して、拷問して、それでも白状しなければ海に沈めるくらいの覚悟でやって下さい!

※注:「絶対にやらないでください」ということを分かりにくく歪んだ表現をしただけなので、絶対にやらないで下さい(笑)

 

ちなみに、このような案件で、現在も調査期間中9件のうち、問い詰めて白状した案件は0件です。

 

 

ですから問い詰めるのは無駄ということなのです。

 

ていうか、ただの無駄ならまだ良いですが、悔しい思いをすることになるので、絶対に証拠を押さえる前に問い詰めるべきではないのです。

 

 

その理由は以下は、迷宮入りしてしまう可能性があるからです。

 

あなたが、配偶者の浮気(不貞行為)を確信しているのにもかかわらず、それを証明する手段が無くなってしまう可能性があるということです。

 

運よく迷宮入りしなかったとしても、証拠を押さえるのが非常に大変な状態になってしまいます。

 

 

ちなみに、上の9件は以下の様な状態になっています。

 

①別れてしまっているらしく全く接触がない・・・3件

 

②会ってはいるものの今のところ不貞行為がない・・・3件

 

③不貞行為はある様だが、その頻度が少なく、行動パターンも分かりにくくされてしまっていて、依頼者様が調査を希望する日を決めかねている・・・2件

 

④比較的すんなり証拠が撮れた・・・1件

 

 

 

①のケースは、恐れく迷宮入り、いくらお金を時間を費やしても、どんな凄腕の探偵でも、別れていれば証拠を撮るのは不可能。

 

②のケースは、不貞行為が無ければ証拠の撮りようが無ないため、時間をかけてじっくり尻尾を出すのを待つ必要があるので、長期戦になるのは必至、依頼者様の精神的負担がかなり大きい。しかし、そのまま別れてしまえば迷宮入りとなってしまう。

 

③のケースは、証拠を撮ることが物理的には可能なケース。ただし、相応の時間とお金をかける覚悟が必要。

 

④のケースは、運が良かったのか、浮気夫がバカだったのか・・・(笑)

 

つまり、問い詰めてしまうと約90%が、迷宮入り、あるいは、証拠を押さえるのが困難な状態になってしまうということなのです。

 

お客様から伺った情報を参考に、もしも問い詰めていなかったら、私の見立てでは、上に挙げた証拠が撮れていいない8件のうち7件はすんなり証拠が撮れていたと思います。

 

 

もしも問い詰める前に、弊社に相談していてくれたらと思うと、私も悔しい気持ちでいっぱいです。

 

そして、何より一番悔しい思いをされるのは、、証拠を押さえるのが無理(困難)な状態なのに、浮気(不貞行為)があったことを確信していて、我慢を強いられているご自身だと思います。

 

 

こういった内容の記事は、何度もくどいくらい書いていますが、何度でも言います!

 

浮気(不貞行為)を確信しても証拠が撮れる前にといつめてはいけません。

 

夫(妻)の浮気(不貞行為)を確信したら、真っ先にやるべきことは我慢すること、そして専門家に相談することなのです。

 

 

余談になるかもしれませんが、何度もこういいった内容の記事を書いているせいか、最近は嬉しいことに「野田さんのブログを読んで、問い詰めるのを思いとどまった」と言って、ご相談に来て下さるらっしゃる方が度々いらっしゃいます。

 

1人でも多くの人が思いとどまって悔しい思いをされること無き様、これからも、くどいくらいこういう内容の記事を書いていきたいと思います(笑)

 

ご参考までに・・・。