モラハラ夫に屈服して浮気調査を諦めてはいけない!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

浮気調査、浮気・不倫の慰謝料請求の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。
役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。
しかし!浮気調査・慰謝料請求・離婚のことなら岐阜県でNo1だと自負しております!!
どうぞよろしくお願い致します。

※ブログ記事は、かなりくだけた内容も書いています。浮気調査、慰謝料請求、離婚などについて詳しくは、各ホームページもご覧ください。

【岐阜本部】
◇探偵法務's(たんていほーむず)  (総合調査部門)
◇SPY探偵事務所 (浮気調査専門部門)
◇行政書士TOMO法務事務所 (慰謝料請求・離婚専門) 

【岡山店】
◇探偵法務's岡山 (総合調査・岡山県岡山市)※特に浮気調査、カウンセリングに力を入れています。

◇探偵法務's東海 (開業準備中・岐阜県可児市)

【メディア出演】
◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」←過去の番組をご視聴頂けます。
※代表の野田知宏がパーソナリティーを務めています。

◆FC店募集◆

弊社では、一緒にグループ盛り上げて頂ける、真面目で誠実なFC店オーナーを募集しています。興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。


===================================

 

「もし私が浮気調査をしたことを夫が知ったら、夫は離婚すると言い出すに違いない」

 

とおっしゃって、浮気調査をすることをためらわれるお客様が、たまにいらっしゃいます。

 

 

浮気夫から

 

「こんなことまでして」と責められたり

 

「気持ちが離れた」と言われたりして

 

離婚されてしまうのではないかと心配されるのです。

 

 

ちなみに、不貞行為の証拠があれば、夫がいくら離婚すると言っても、妻が拒否すれば、法律上は離婚できませんけどね(笑)

 

しかし、実際に、浮気調査をされたことを知った浮気夫が、

 

「こんなことまでして、もうお前のことは信用できないから離婚する」

 

などと、逆ギレをするケースは、たまにあります。

 

 

信用できないのは、いったいどっちだっつぅー話ですけどね(笑)

 

頭のネジが2,3本飛んでいるのでしょう(^^;

 

こういったことを言う浮気夫は、自分の思い通りにならないと、何だかんだと屁理屈をこねて、妻を責め立てる「モラハラ夫」傾向(共通点)が強いです。

 

モラ夫にとっては、自分の配下(自分より下)だと思っている妻に、浮気の証拠を撮られるということは屈辱的であり、耐えられないくらい腹が立つことです。

 

ですから、自分を正当化して、妻を悪者にしたてあげようとします。

 

なので、浮気調査をしたことが、あたかも夫婦間の信頼が揺らぐ悪行であるかの様に屁理屈を言って逆ギレしてくるのです。

 

 

浮気調査なんかより、浮気(不貞行為)のほうが、よっぽど信頼がゆらぐ行為ですけどね(笑)

 

ちなみに、不貞行為は法律上の離婚原因を形成しますが、浮気調査をしても離婚原因にはなりません(笑)

 

法律でも、不貞行為は悪とされていますが、浮気調査は悪とされていないと言うことです。

 

「夫が浮気をしているから、その証拠を撮った。」ただそれだけのことで、浮気調査を依頼した人に、これっぽっちも非はありません。

 

 

むしろ、何を言っても自分の非を認めない、こういうモラ夫に対しては、証拠が必要です。

 

この様に、ちゃんと理屈で考えれば、分かるのに、何故モラ夫の妻は、この様な心配をされてしまうのでしょう?

 

それは・・・

 

モラ夫は、妻が自分にとって都合が悪いことや気に入らないことをする度に、日常的に何かと屁理屈を言い逆ギレしてくるからです。。

 

 

もちろん浮気夫の言うことに正当性や真実はなく、ただ妻のやることが気に入らないだけですから、言っている内容は、ただのいちゃもんですが・・・

 

モラ夫の妻は日頃から何かにつけて、モラ夫に逆ギレされるものですから、私が何かしたら、また責め立てられるのではないか?と思い込むようになってしまうのです。

 

もしかしたら、一種の洗脳教育みたいになってしまっているのかもしれませんね。

 

ですから

 

「もし、私が浮気調査なんてしようものなら・・・。」

 

とおびえてしまうのです。

 

 

しかし、浮気調査に限らず、このモラ夫の呪縛から解放されなければ、モラ夫の「妻は一生、状況が改善されません。

 

一生涯、妻は、モラ夫の支配下におかれるのです。

 

もし、モラ夫が浮気をしているなら、考えようによっては、それは最大のチャンスかもしれません!

 

モラ夫の不貞行為が証明されれば、モラ夫がどんな屁理屈を並べようと正しいのは妻です。

 

証拠を撮って、ガツンと言って形勢逆転、モラ夫呪縛から解き放たれる大きなチャンスなのです。

 

 

しかし、このチャンスで逃げる人は、次も逃げます。

 

そして一生逃げ続け、何も変わりません。

 

※弊社の壁を撮影したものです。

 

いつぞや流行った

 

いつやるの!今でしょ!!

 

ではないですが、変わるなら今しかないのです!!

 

もしも「また何か言われるのでは」と恐れ、浮気調査をしたいのにしないなら、それはモラ夫にとっては好都合、それこそ思うツボです。

 

 

話は変わりますが、モラ夫の多くは、外面が良い人が多いのが特徴です。

 

まぁ、外面が良いと言えばまだ聞こえはいいですが、妻には強いが妻以外には弱いといったところでしょうか?

 

自分を常識人と勘違いしているので、体裁を大事にする人が多いです。

 

 

ですから、証拠が撮れた後、モラ夫と話し合いをするときは、

 

離婚の話をするにしても

 

夫婦関係修復の話をするにしても

 

モラ夫に対して影響力の強い人に同席してもらうのが良いと思います。

 

 

妻には、やたら強いのに、妻の父親の前だと借りてきたネコの様におとなしいと言った話もよく聞きます(笑)

 

 

 

あっ、話し合いをするときには書類(誓約書や離婚協議書など)があったほうが良いので、その際には私共にご依頼くださいね!

 

モラ夫が浮気をしている今こそ、証拠をとりましょう!

 

そして、

 

どうせ妻なんて、ちょっとゴネればすぐ大人しくなると、たかをくくっているモラ夫が

 

離婚だ!なんてほざいたら

 

やれるものならやってみな!?

 

と強気でガツンとブチかましてやりましょう!

 

モラ夫の阿波喰った顔が見たいです(笑)

 

 

お粗末様でしたm(_ _)m