夫(妻)の浮気に気付いたときにやらなきゃいけないのはコレだけ! | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

浮気調査、浮気・不倫の慰謝料請求の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。
役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。
しかし!浮気調査・慰謝料請求・離婚のことなら岐阜県でNo1だと自負しております!!
どうぞよろしくお願い致します。

※ブログ記事は、かなりくだけた内容も書いています。浮気調査、慰謝料請求、離婚などについて詳しくは、各ホームページもご覧ください。

【岐阜本部】
◇探偵法務's(たんていほーむず)  (総合調査部門)
◇SPY探偵事務所 (浮気調査専門部門)
◇行政書士TOMO法務事務所 (慰謝料請求・離婚専門) 

【岡山店】
◇探偵法務's岡山 (総合調査・岡山県岡山市)※特に浮気調査、カウンセリングに力を入れています。

◇探偵法務's東海 (開業準備中・岐阜県可児市)

【メディア出演】
◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」←過去の番組をご視聴頂けます。
※代表の野田知宏がパーソナリティーを務めています。

◆FC店募集◆

弊社では、一緒にグループ盛り上げて頂ける、真面目で誠実なFC店オーナーを募集しています。興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。

===================================

 

今日は、「あなたが夫(妻)の浮気に気付いてしまったとき」に、「目的を達成したい」なら「最低限やるべきこと」をお教え致します。

 

次の3つです!

 

 

 

①気付くきっかけになったこと(情報や証拠)をこっそり保存しておくこと

 

 夫や妻の浮気に気付いたきっかけの多くは、スマホ(相手とのやりとりや保存してある画像など)、避妊具の存在、ラブホテルの会員カードやレシートなどからです。

これらの中には、証拠になり得るものや、単体では弱くても浮気調査と合わせればとても強力な証拠になり得るものもあります(これらによって最低限の調査で済むこともある)ので、こっそり保存しておくことをおすすめします。

 

 また、上記の様なものでなくても、夫(妻)の帰りが遅くなった等の行動パターン、その他から、浮気に気付いた場合、それらをメモや日記にして保存しておくのが良いと言えます。

いつから遅くなった、何時に帰ってくる、何曜日が遅い、いつから派手な下着を着用し出した・・・など様々な情報を書きだしておくのです。

 これらは、それそのものが証拠にはなりませんが、浮気調査の日時決定や、浮気が始まっていた期間を知るなど、重要な情報になり得るからです。

 

 

 

 ただし、間違っても自分達で調査をしようなどと思わないで下さい。

 状況を悪くしてしまうことがほとんどで、その代償は高くつきます。

 余談ですが、よくお客様で「友達に調査をしてもらって・・・」などとおっしゃる方がいらっしゃますが、勘違いしないで頂きたい!!!

それは「調査」と言えるレベルではなく、「調査まがいの行為」です(^^;

 

 

 

②浮気夫(妻)には何もせず、専門家に相談する

 夫や妻の浮気に気付いて、相手女性(男性)に慰謝料を請求をしたい、浮気夫(妻)と離婚したい、あるいは、証拠を押さえたいと思うなら、何かアクションを起こす前に、すぐに専門家に相談して下さい。

 間違っても、この段階で、問い詰めたりしてはいけません。

証拠が不十分な状態で問い詰めても、ほとんどの浮気夫(妻)は認めないからです。

そして、問い詰めたりしてしまうと、証拠を押さえたいと思たときに証拠が押さえにくくなってしまっているからです。

 ですから、まずは、専門家に相談して下さい。

そして、スマホの証拠がある場合などは、それで十分なのか否か、専門家に見極めてもらいます。

そして、証拠が不十分なら証拠を押さえる手段を考えます。

 また、仮に証拠が十分でも、しっかり準備をしてからアクション(慰謝料請求、離婚、誓約書締結など)を起こすのと、そうでないのとでは成功する確率が全く違います。

これらも、専門家としっかり相談しながらすすめていくことが大切です。

 

 

 

③すぐに証拠をおさえる

 証拠が足りない場合(ほとんどのケースは足りない)は、なるべく早く証拠を押さえることをおすすめします。つまり、浮気調査を依頼するなら、なるべく早くということです。

 なぜなら、時間が経つと状況が悪くなる可能性が高いからです。

例えば、不倫カップルも普通のカップルと同じで、時間の経過によってだんだん新鮮さが無くなり、会う回数が減ってきたり、場合によっては別れてしまう可能性があります。

そうなれば浮気調査がしにくく(期間が長くなったり空振りが増える)なったり、不可能(分かれた場合)になったりします。

また、その反対に、浮気夫(妻)が、相手の異性に本気になってしまい「離婚してくれ」と言い出したり、「家を出て行ったり」ということもあります。

そして、不倫の期間が長くなれば、妊娠などのリスクも高くなります。

 

 ですから、今はまだアクション(慰謝料請求、離婚、誓約書を書いてもらうなど)を起こす時期でないから、起こすことになったら証拠を撮ろうなどと思ってはいけません。

証拠は撮りやすいとき(撮れるうちに)に撮っておかなければならないのです。

 つまり、浮気の証拠は必要になってから撮るのではなく、撮れるときに撮っておき、必要になったらすぐに使えるようにしておくべきなのです。

 

 

 

 

整理すると・・・

 

浮気を発見したら、見つけた証拠や情報を保存、余計なことをせず、まず専門家に相談すれば、早く、安く証拠を押さえることができる

 

証拠があれば、慰謝料請求や離婚も実現できる

 

ということです。

 

 

これとは反対に、悪い例をご紹介します。

 

・夫(妻)の浮気に気付き、

 

・問い詰める探りを入れる、あるいは、自分で調査まがいのことをする、もしくは、我慢するなどしていて、調査に適切な時期を逃す。

 

・あわてて調査を依頼する。

 

・調査を依頼した時には、調査に最適な時期を過ぎており、(会う回数が少なくなってる、警戒して密会日が分からないように対策など)、すぐにどころか、しっかり見極めて、または、腰をすえて、長い期間をかけて調査をすることが必要になっていた。

 

 

実は、こういうお客様がけっこう多いです。

 

また、困ったことに?・・・こういうケースのお客様に限って、どうしても「すぐに証拠が欲しい」とあわてて「明日調査して」とすぐに調査をしたがります(^^;

 

しかい、根拠もないのに「すぐに調査を・・・」と慌てて調査をすると、ロクなことになりません。

↑相談の際に、すぐにやるべきじゃない案件はそう伝えるのですが、焦っていて言うこと聞いてくれないお客様が多い。

 

 

例えば、お客様が、絶対この日だと確信していた日が空振り(会わなかった)に終わるのです。

 

恐らく警戒から、密会日を特定されないように、対象者が対策(フェイント?)をしていたのでしょう。

 

 

しかし、夫(妻)の浮気を初めて経験されたお客様は、焦って何をしたらよいのか分からないという方がほとんどです。

 

 

その場合、これだけはして下さい!

 

何もせず、すぐに専門家に相談することです。

 

専門家の正しいアドバイスに従えば、道が開けるはずです。

 

 

余談になるかも知れませんが・・・

 

お友達にアドバイスを求めてはいけません。

 

何故なら、ハチャメチャなアドバイスをされて、状況を悪化させてしまったケースが目立つからです。

 

もちろん、あなたを陥れようと思っているお友達はいないと思います。

 

しかし、たとえ同じ(夫や妻の浮気)様な経験をしたお友達が、あなたの為にと思ってしてくれたアドバイスでも、お友達は十分な、知識や経験がない素人なのです。

 

従って、それが最適なはずはないのです。

 

 

ですから、お友達にするのは、お話や愚痴レベルに留め、アドバイスは専門家に求めることをおすすめすます。

 

ただし!

 

専門家を名乗る人にも、たまにポンコツが混ざっていますので、そこは注意して下さい(笑)

 

ご参考までに・・・。