社内不倫の調査 | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。
役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。
しかし!浮気調査・慰謝料請求・離婚のことなら岐阜県でどこにも負けません!!
どうぞよろしくお願い致します。

 

※ブログ記事は、かなりくだけた内容も書いています。浮気調査、慰謝料請求、離婚などについて詳しくは、各ホームページもご覧ください。

 

【岐阜本部】
探偵法務's(たんていほーむず)  (総合調査)
SPY探偵事務所 (浮気調査)
行政書士TOMO法務事務所 (慰謝料請求・離婚専門) 

【岡山支店】
探偵法務's岡山 (総合調査)※特に浮気調査。カウンセリングもやっています。

【メディア出演】
ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」←過去の番組をご視聴頂けます。
※代表の野田知宏がパーソナリティーを務めています。

 

◆FC店募集◆

弊社では、一緒にグループ盛り上げて頂ける、真面目で誠実なFC店オーナーを募集しています。興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。


===================================

 

最近、ちょくちょくあるのが、社内不倫の調査です。

 

会社の人事部やトップからのご依頼で、不倫をやめさせるためや何らかの処分をするために調査をします。

 

 

こういった場合、不倫をしている当事者に、予め事実確認することもあるようですが、やはり認めないことがほとんどで、その場合調査が必要になることがある様です。

 

 

浮気を認めないのは、配偶者から依頼される浮気調査(認めないから調査する)と同じなんですね。

 

ところで、配偶者の浮気の場合、離婚や相手方への慰謝料請求のために証拠が必要というのは分かるのですが、なぜ社内不倫の場合に調査をする必要があるのでしょうか?

 

 

実際にご依頼頂いた会社さんの理由で多かったのは、以下の通りです。

 

 

・社内で噂になっているので、問何か問題が起こるまえにに不倫をやめさせたい。

・問題の多い社員なので、社内不倫を理由に処分したい。

・社内の風紀が乱れる。

・家族にバレると退職してしまう可能性もあるので、バレる前にやまさせて有能な人材を辞めさせない様にしたい。

・勤務時間中に密会しているのは大問題。

 

などなど、色んなる理由がある様ですが、会社経営?も楽じゃないですね(笑)

 

 

余談ですが、たまに、同僚(ライバル)の調査をしてくれという相談もあります。

 

不倫の証拠を掴んで、ライバルを蹴落として自分だけ出世しようという魂胆なのです(-。-;

 

さすがにライバルを蹴落とすための調査は「弊社ではお受けできません。正々堂々と仕事で勝負するか、自分で調査するかして下さい。」と言って断ります(笑)

 

 

話をもとに戻しますが、会社からご依頼の不倫調査の結果はというと、普通(配偶者からの依頼)の調査と一緒で、ほぼ100%クロです。

 

当然です。

 

配偶者からの依頼の浮気調査で、約7割が職場関係者との不倫ですら・・・。

 

つまり、依頼者が違うだけで、調査対象者は同じなのです(笑)

 

そして、配偶者から、会社から、どちらの調査でも最も多いのが、男性上司と女性の部下と言う組み合わせです。

 

 

いかにも女好きっぽい上司ならともかく、女とは絶対に無縁っぽい面の上司にまで、女性社員(パート含む)さんが、犠牲?になっているのです。。

 

しょっぼい男でも、上司という立場はモテるわけですわぁ(笑)

 

調査後の処分は、降格、転勤、厳重注意、と様々でしたが、気のせいか仕事が出来ない人のほうが処分が重い傾向にある様な気がします。

 

 

出来ない人はここぞとばかり、ついでに左遷といったところでしょうか!?(笑)

 

お粗末様でしたm(_ _)m