こんな調査プランには注意して下さい! | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

 

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。
役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。
しかし!浮気調査・慰謝料請求・離婚のことなら岐阜県でどこにも負けません!!
どうぞよろしくお願い致します。

 

※ブログ記事は、かなりくだけた内容も書いています。浮気調査、慰謝料請求、離婚などについて詳しくは、各ホームページもご覧ください。

 

【岐阜本部】
探偵法務's(たんていほーむず)  (総合調査)
SPY探偵事務所 (浮気調査)
行政書士TOMO法務事務所 (慰謝料請求・離婚専門) 

【岡山支店】
探偵法務's岡山 (総合調査)※特に浮気調査。カウンセリングもやっています。

【メディア出演】
ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」←過去の番組をご視聴頂けます。
※代表の野田知宏がパーソナリティーを務めています。

 

◆FC店募集◆

弊社では、一緒にグループ盛り上げて頂ける、真面目で誠実なFC店オーナーを募集しています。興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。


===================================

 

弊社に浮気調査ご依頼されたお客様(以下「Y様」と言う)のお話です。

 

Y様は、弊社に相談される前に、某探偵社(以下「A社」と言います)で浮気調査をして、無意味な調査をされてしまい、全く証拠が撮れず、結果、無駄なお金を使わされてしまったのです。

※同じような事例が何件かあったので注意して下さい。

 

 

Y様が、A社に依頼した調査は、

 

2ヶ月間で最長10時間の行動調査を行調査を行い、着手金25万円、証拠が撮れたら更に25万円の成功報酬を支払いと言う内容でした。

※どこの探偵社か分からないように金額や時間は少し変えてあります。

 

具体的な調査の内容は、調査対象者の車両にGPSを装着、行動パターンを特定して、A社の判断で調査日時を決定して調査を行う、そして、お客様からも調査対象者のクルマに付けたGPSを見られるようにしておいて、調査対象者が怪しい動きをしたときに、お客様の要請で、緊急の調査をすることも出来るということでした。

 

一見すると、かなり良心的なプランに見えるかもしれませんが、これにはとんでもない落とし穴があるのです。

 

実際に、Y様はこのプランでは何も証拠を得ることが出来ませんでした。

※本当にひどい内容でした。

 

 

どういうことかというと、

 

まず、GPSを見て、怪しかったときに、何度か調査を要請したが、調査員が空いていないとのことで、1回も調査に行ってもらえなかったそうです。

 

更に、A社判断で調査日時を決めた日に調査をしたが、2回とも見当違いで「真っ白」、何も証拠が撮れなかったというわけです。

 

結局、Yさんは、必ずかかる費用である着手金を25万円損しただけで終わってしまったのです。

 

この様に、フタを開けてみると問題だらけのプランなのです。

 

 

では、具体的にどのようなところが問題だったのでしょう?

 

①まず、調査員が空いていれば、緊急でも出動しますというのは、とても親切なことだと思います。弊社でも、一部プランではそういった対応をしています。しかし、空いていなければ出動できない(実際に出動できなかった)のに高額な着手金をとるのは、詐欺かぼったくりみたいなものです。

 

②調査日が特定できないのに無理やり調査日時を決めて調査をしたことが問題です。

恐らく、GPSを付けたものの、行動パターンが絞れず、調査日時(密会日)を特定することが困難な案件だったのだと思います。つまり、契約した調査時間を消化するためにあてずっぽで調査(時間の消化)をしたのです。

 

ちなみに、経験上で申し上げると、GPSからある程度は行動パターンを絞れると思いますが、完全に行動パターンを把握することが出来る案件はそんなに多くないと思います。

※Y様の場合、弊社で調査をしたときは徒歩と電車とレンタカーで動いていましたのでGPSで行動を把握するのは不可能です。A社が何かやらかしたのか、すごい警戒ぶりでしたが、弊社で不倫旅行の証拠を撮りました。

 

 

そして、緊急の調査というのも、あまり現実的ではありません。

※弊社の場合は3回に1度くらいの割合でなら可能です。

 

普通は、調査員にはほとんど毎日調査の予定が入っていますから空いていません。また、いつでも出られる待機の調査員をつくれば、膨大な人件費がかかってしまうので困難です。

※仕事がない探偵社は出られるかも知れませんが、もっともそんな探偵社に依頼するのは無謀です。仕事が無いには無いなりの理由があります。
 

つまり、Yさんをはじめ、多くのケースでこのプランで結果を出すのは困難なのです。

 

 

このプランは、素人目には一見よく見えてますが、実は私からみたら、提案だけしやすい(契約しやすいだけ)のプランです。

 

すなわち、契約することに重きを置いて、調査の結果を考えていないプランなのです。

 

言い換えると、調査の結果は度外視、契約にをとるためのプランだと思います。

 

その昔、面接ハンサムと言う言葉を聞いたことがあります。

 

面接ハンサムとは、面接時は素晴らしかったが、実際に採用したらとんでもないポンコツ社員だったと言う意味です。

 

このプラン、正に「提案ハンサム」ですね(笑)

 

 

きっとA社は、契約になれば着手金はもらえる。あとは適当に10時間の調査を消化すれば普通に儲かる、証拠が撮れれば更に儲かってラッキー、くらいに考えているのだと思います。

 

余談ですが、もしも調査員が、GPSをずっと監視していて、怪しい行動があったら、必ず動くというようなプランがあれば最高です!

 

しかし、それをすると調査員がずっと拘束されてしまいますので、拘束されている時間は調査をしている時間と同じで人件費が発生してしまいますから、どんな探偵社でも調査料金が高額になってしまうので無意味です。

 

お客様の担当は、何でも契約にこぎつけるのではなく、お客様からしっかり情報を聞き出し、お客様に合ったプランをおすすめすることが大切だと思います。

 

浮氣調査(行動調査)は、相手があることなので、完璧とはいかないとしても、それそれの案件に合ったプランを提案するのも、探偵社の務めではないでしょうか?

 

ご参考めでに・・・。