証拠をとられないための対策!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けません!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (総合調査部門)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (浮気調査専門部門)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚専門の法務部門)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・岐阜県北部・三重県北部・滋賀県・福井県・で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。※やみくもにグループを大きくするつもりはなく、堅実に運営していきたいので、士業限定(ご紹介除く)です。

 

===================================

 

今日は、昨日読者様から頂いたコメントに関連する記事を書かせて頂きました!

 

どうやら、コメントを頂いた方の知人は、不倫がバレないように、色々と工夫と努力をしていた様ですが、奥さんにバレてしまったみたいです。。。

 

実際の浮気調査でも、証拠を撮られない様に、工夫と努力をしていた対象者がたくさんいますので、ご紹介させて頂きます。

 

 

1.男女別々のクルマでラブホテルに行っていた

別々のクルマで行っていた理由は、マイカーに異性を乗せているところを見られない様に対策をしていたのだと思われます。

このパターンの対象者は、道中の様子は、少々警戒している様にとれることが多いです。

ご近所さん?対策としては良いかも知れませんね。

しかし、ラブホテルに入ってしまうと、意外と警戒していないことが多く、一緒に入って、一緒に出てくる。。。

中には、駐車場で「ブチュ~、ベロベロ~」と濃厚なのをやらかしていた調査対象者もいました(笑)

別々にのクルマで来た意味がないですね。。。

はい、ご苦労様でした。。。

 

 

 

2.後部座席に乗車

マイカーに異性を乗せているところを見られないための対策かと思われます。

これも、ご近所さん?対策としては良いかも知れませんが、乗降を見られたらかえって怪しいです(^^;

浮気調査をされたら無意味、いや、逆効果かも知れません。

例えば、商業施設の駐車場で待ち合わせ、女性がそこにクルマを置き、そこで男性のクルマの後部座席に乗車しようものなら、調査員はクロを確信、即ラブホのパターンではないか!と、めっちゃ気合入っちゃいます(笑)

 

 

 

3.帽子にマスクにサングラス

この日、調査対象者(浮気夫)のクルマを尾行していると、ラブホテルのすぐ近くにある公園の横に路駐、しばらくすると、軽自動車が現れ、帽子にマスクにサングラスという完全武装の女性が降車し、キョロキョロしながら、浮気夫のクルマの後部座席に乗車しました。怪しすぎます(^^;

ていうか、本稼働クロ確信、探偵はガッツポーズです(笑)

その後、浮気夫のクルマはすぐそこのラブホテルに入っていきました。

女性はラブホテルを出るときも完全武装でそそくさと出てきて、浮気夫のクルマに乗車、待ち合わせ場所の公園横で、浮気夫のクルマを降りるとダッシュで軽自動車に乗りこんで、すぐに発進しました。

依頼者様がくちゃくちゃにした案件でしたので、かなり警戒していたので、恐らく調査対策だと思われますが、全く対策になっていません。

顔を隠したところで、ナンバーの付いたクルマに乗り、そこから降りて自分の家に入ったわけですから、「あんたじゃなきゃ誰?」です(笑)

上手に対策したつもりなのかもしれませんが、完全武装の姿を撮られると、おマヌケっぷり炸裂です(^^;

 

 

 

4.遠くにクルマを止めて女のアパートまで歩く

浮気夫は、相手方女性アが住む、ド田舎のアパートに通っていたわけですが、深夜に、アパートから徒歩3,4分くらいのところに路駐、そこからアパートまで歩いて行くという意味不明の行動をしていました。

何故、意味不明かって?

確かに尾行はしにくいかも知れませんが、ド田舎なので、民家もまばら、アパートは2件だけ、とても見晴らしがよく、どこに入っていったかバレバレです。

何の為の対策なのか意味不明でした(^^;

 

 

 

5.助手席のシートを倒してブランケット

浮気妻の調査だったのですが、ショッピングセンター駐車場にマイカーを置き、そこで相手方男性のクルマにピックアップされ、そのままラブホテルに直行というお決まりの?コースですが・・・

浮気妻は、相手方男性のクルマの助手席に乗車するとすぐにシートを目いっぱい倒し、バッグからブランケット?を出して広げて頭から覆いかぶさったのです。

ラブホテルを出るときも同じことをしていました。

道中、お巡りさんに見られたら間違いなく即職質かもしれません(笑)

本人は素晴らしい対策だと自負していると思われますが、調査をされていると、マヌケな姿をさらしているだけです。

 

 

この様に、調査をされたらこの程度の対策では無意味、ていうかかえってみっともない姿をさらすことになるのです。

 

ちなみに、この人達、こんな面倒で無意味な対策を頑張ってしていますが、脇が甘いというか、みんなスマホや持ち物、帰宅時間などの定番発覚理由から配偶者に浮気がバレて、調査をされた人達ですからね。。。

 

強いて言うなら、こんなお間抜けな対策をするより、夫(妻)に疑われないことに、力を入れるべきだったかと・・・。

 

 

そうすれば、調査されないですから・・・。

 

ちなみに、女性から浮気調査の相談を受けていると、「男はどうせ浮気するんだから、もっと上手にやってくれればいいのに、疑わしいどころかバレバレだからむかつくですよね~。」というご意見が意外と多いんです。

 

ってことはですよ、男性諸君は、もう少し上手にやってたら、調査されずにすんだということじゃないですか!?

 

尚、男性は、奥さんの浮気に対してこんなに寛容ではないみたいですが・・・(^^;

 

お粗末様でしたm(_ _)m