煽り運転防止に・・・ | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けません!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・岐阜県北部・三重県北部・滋賀県・福井県・で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。※やみくもにグループを大きくするつもりはなく、堅実に運営していきたいので、士業限定(ご紹介除く)です。

 

==================================

 

最近、煽り運転が騒がれていますが、皆さんはどう思いますか?

 

僕は、多くの場合で、煽られる側にも、原因がある様に思います。

※良いとか悪いとか言っているわけではないので誤解なきようにして下さい。

 

 

前がすげぇ~空いているのに、ちんたら追い越し車線を走っているクルマがいると、正直、僕もやっぱちょっとイラッっとくるときがあります。

 

だって、尾行中とか超困るんですよね~。

 

もちろん、蛇行運転や物を投げたりするのは論外ですが、ぶっちゃけ、急いでいるときに少し車間を詰めるとか、1,2回パッシングするくらいなら、煽り運転ではなく、ただの「道を譲って欲しいの合図」だと思っています。

 

 

こんなことを書くと、多くの方に反感を買いそうですが・・・。

 

しかし、あなたが浮気調査の依頼者様だったらどうでしょう?

 

調査対象者のクルマと調査員のクルマの間に入ったクルマがノロノロと走り、調査対象者のクルマがどんどん遠くに行ってしまう状況だったとします。

 

実際によくあることです。

 

調査員が、前の車がどいてくれるまでひたすら待つのと、どいて欲しいと合図を送るのと、どっちを望みますか?

 

遅いクルマが間に入ったんだから尾えなくても仕方ないね!と思いますか?

 

それとも

 

ちょっとくらい何とかしてよぉ!と思いますか?

 

 

僕が依頼者様なら後者です。

 

だから、僕は、日ごろから、前が空いていて後ろから速い(急いでいる)クルマがきたら、すぐに道を譲ります。

 

無駄な争いに巻き込まれたくないのもありますが、何より、急いでいる人の邪魔になるのに、自分が右側の車線に居座る理由がないからです。

 

でも、居るんですよね、前がガラ―っと空いているのに、右側の車線をひたすらゆっくり走る人・・・。

 

間違いなく性格が悪いんだと思います(笑)

 

 

えっ?後ろのクルマに気づいていないんじゃないかって?

 

万一、後ろのクルマに気づいていないなら、今すぐ免許を返納すべきです(汗)

 

高速道路の追い越し車線で、前が空いているのに道を譲ってくれない人の後ろを走っているときに、多くの場合、スピードメーターを見ると制限速度ぴったり、例えば時速100kmでひたすら走っています。

 

恐らく、こういう人は「追い越し車線だろうが、制限速度いっぱいで走ってるんだから何が悪い!」と考えていると思います。

 

 

しかし、制限速度いっぱい出てるから追い越し車線を走り続けても良いことにはなりません。

 

なぜなら、日本の道路は法律上、高速道路の追い越し車線のみならず、一般道の右側の車線も追い越いのためなどの車線であって、ずっと走行するための車線ではないからです。

※法律では一般道もキープレフト(左側の車線を走るのが)原則です。

 

つまり、煽る人だけでなく、この人も間違っているのです。

 

 

すなわち、どっちもどっち・・・(^^;

 

そして、知らない人が意外に多いのが、メーター読みで時速100kmでも、実際にはほとんどのクルマで、時速90kmくらいしか出ていないということです。

※有名な話ですが、GPSで計測する速度計でも検証済です。

 

だから、時速100km制限のところを、メーター読みの時速100kmで追い越し車線を走っていて、前が空いているのに後ろからクルマが来てどかないのは、厳密にいったら、速いクルマがきたのにゆっくりと追い越し車線に居座っていることになるのです。

 

もちろん、走行車線や第一通行帯(左の車線)を走行しているなら、ある程度マイペースでも仕方ありません。

 

自分がハイペースで走っているにせよ、前が空いていて、後ろから速いクルマ(急いでいるクルマ)が来たら、自分がその車線に留まらなければならない理由がないなら、譲ってあげればいいんです。

 

どうしても、世の中には、一定の数、おうちゃくな奴や煽るやつがいるからです。

 

中には、しばしばニュースを賑わせるキチ●イみたい奴もいるわけですから、道を譲るなどして、煽られる危険を回避することも、公道を走る上では必要な対策なのです

 

それに、道を譲ったって、なーんにも損しないわけですから・・・。

 

そうそう、そういえば僕が免許をとった頃は、煽り運転なんてそんなに騒がれていませんでした。

 

今と比べ、昔はもっと道を譲り合う人が多かったから、こういった問題が起こりにくかったという事情もあるのでしょう。

 

 

いっそのこと、こういうルールを決めるのはどうですかねぇ?

 

「急いでいるので道を譲っていただけますでしょうか?」のサインを決める!

 

こういう合図をしたときは「超へりくだって、譲っ頂けませんか?!」と「お願いしているサイン」だよと全国共通のサインを浸透させるのです!

 

そして、譲ってもらったら必ず、ハザードは必ず3回以上出す!

 

みたいなルールを決めておくのです!!

 

 

これなら分かりやすくてよくないですか??

 

皆さん、今日も安全運転で行きましょう!!

 

お粗末様でしたm(_ _)m