天使に見えた! | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けません!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・岐阜県北部・三重県北部・滋賀県・福井県・で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。※やみくもにグループを大きくするつもりはなく、堅実に運営していきたいので、士業限定(ご紹介除く)です。

 

 

==================================

 

本日、浮気調査のご報告をさせて頂いたときのお話です。

 

よくお客様から

 

「報告書を見てショックを受けて泣き出したりする人とかいませんか?」
 

と聞かれます。

 

 

確かに稀にあります。

 

しかし、ご報告の時は、ほとんどの方が、最初にお会いした時より穏やかな表情で来られ、報告書をご覧になると更に安堵されたご様子になられます。

 

意外な事のようですが、良く考えてみると理由がわまります。

 

最初事務所に来られる時は、多くの方が、事実は分かっているのに、証拠がなく、何ともならない状態で悩んでおられます。

 

それに加え、探偵に頼んで、本当に証拠が撮れるのだろうか?いったい料金はいくらかかるのだろうか?という不安もあるのでしょう。

 

しかし、ご報告の時は、証拠が撮れたことにより優位に立つことができ、安心されるからです。

 

今日、ご報告をさせて頂いたお客様(以下「K様」と言います)も、報告書をご覧になり、とても安心されたご様子でした。

 

 

実はK様、夫と3年近く別居状態が続いていまいしたが、中々行動に移せず、ずっと悩んでおられ、一大決心?をされて弁護士に相談に行ったところ、証拠がないと厳しいと言われ、弊社に依頼するという経緯でしたので、3年間のモヤモヤが一気に晴れのでしょう。

 

そして、色々とお話を聞かせて頂くことが出来ました。

 

K様は、弊社に電話する前に、実は他にも2件の探偵社に電話されていたそうです。

※弊社にご依頼前のお話です。

 

 

1件目は、女性がやっている探偵社で、口コミがとても良かった探偵社にかけたそうです。

 

藁にもすがる思いで電話したK様は、電話に出たババァに、

 

「何で今頃になって電話してきたの?」

 

「3年も別居していて今更どうするつもり?」

 

「解決する気あるの?」

 

などと、かなりきつい口調で、ボロカスに言われたそうです。

 

 

野田:「えっ?それって●●●●●ですよね?」

 

K様:「そうですーっ!」

 

野田:「ホームページに顔写真載っていますよねぇ?あの顔を見て、よく電話する気になりましたねぇ(笑)」

 

K様:「今から考えると・・・(笑)でも、口コミはすごく良かったですよ。」

 

野田:「・・・・・。Kさん、口コミなんて、知り合いとかに適当に書いてもらっているに決まってるやないですか。あの顔見たらわかるでしょう!」

 

K様:「そっかぁー。そうですよねー。」

 

 

2件目は、高額で有名な探偵社のFC店に電話されたそうです。

 

男性が、電話にでて、ねほりはほり聞かれたそうですが、聞かれた内容を聞いて仰天でした。

 

夫との夫婦生活の回数や、性癖、その他もろもろ、ほぼエロ話ばかりされたそうで、気持ち悪くなって電話を切ったそうです。

 

ちなみに、その様な話の大半は調査に必要なく、少なくとも最初の電話の段階では、全く不必要な内容です。

 

野田:「それ、興味本位というか、多分、エロジジィの趣味で聞いていますねぇ(笑)」

 

 

 

そして、K様が3件目に電話したのが弊社です。

 

K様:「ひどい目にあって泣きそうになりながら電話したら、丁寧にしっかり相談にのってくれて、野田さんが天使に見えました!」

 

野田:「電話だから見えないんですけどね。」←野田、たまに空気読めません(笑)

 

 

 

話は変わりますが、実は、K様の案件は、調査をするにあたっての状況が良くなく、かなり難度の高い調査であることが予想されたので、1件目に電話した探偵社は、依頼を受けたくなかったのだと思います。(実際にすごく大変でした)

 

それに加え、3年の別居期間という「婚姻が破綻していた」と主張されやすい状態であることから、慰謝料請求などがうまくいかなかったらややこしい話になるのを恐れていたのかも知れません。

 

しかし、野田は、K様に別居に至った理由、3年間の別居の状況、現在に至るまでの経緯などを伺ったところ、婚姻が破綻していたと認められるとは考えにくい状況で、先にK様が相談された弁護士の先生と野田の見解が同じでしたので、別居以外の状況も悪かったのですが、調査をお受けすることにした次第です。

 

 

ちゃんと話を聞けばわかるのにね。。。あるいは、知識が無かったか調査をする自信がなかったのかな(^^;

 

2件目に電話した探偵社のおっさんは、エロ話が好きで、興味本位だったとしか思えません(^^;

 

まぁ、弊社からすれば、このババァとジジィは「Good job!」ですけどね。

 

 

だって、まともな対応されていたら、K様はそこで依頼して、弊社には電話してこられなかったわけですから。。。

 

それに、ポンコツ2人と話した後だから、野田の対応をK様により良く感じて頂けたと思うので。。。

 

お粗末様でしたm(_ _)m