成功のご連絡!~親権獲得~ | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けません!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・岐阜県北部・三重県北部・滋賀県・福井県・で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。※やみくもにグループを大きくするつもりはなく、堅実に運営していきたいので、士業限定(ご紹介除く)です。

 

 

==================================

 

神奈川県のお客様(アラフォー男性・以下「Hさん」と言います)のお話です。

 

実は、東京都や神奈川県をはじめ、関東のお客様から、慰謝料請求や離婚の業務を依頼されることが、けっこう多いです。

 

僕が東京人なら岐阜の田舎者なんかに絶対頼みせんが・・・(爆)

 

冗談はさておき・・・(^^;

 

 

Hさんからは、浮気妻との離婚、不貞行為相手方への慰謝料請求の業務を依頼されました。

 

実はHさんは、当初、弊社に浮気調査のご相談で電話をかけてこられました。

 

「都会っ子が岐阜の田舎者に何の用じゃ?」と聞いたら地元が弊社に近いからだそうです。

↑注:実際はそういう聞き方はしていません。そして浮気調査の用件だと言っています(笑)

 

詳しく、お話を聞いてみると、調査地は神奈川県、小回りの利く対応が必要な案件だったので、「岐阜から行くより近くの探偵社のほうがいいんじゃねぇ?」と知人のやっている神奈川県の探偵社をご紹介させて頂きました。

 

https://tonin.jp/←ここです。ホームページはイマイチですが、(←失礼!m(_ _)m)信頼できる探偵社ですので関東にお住まいの方にはおすすめです。岐阜の調査は、必ず弊社にご依頼をお願いします(笑)

 

 

しばらくして、Hさんから「証拠が撮れた!」とのご連絡を頂き、慰謝料請求と離婚の依頼を受けました。

 

その後、相手方への慰謝料請求、浮気妻との離婚、どちらも成功しましたが、残念ながら、慰謝料は、浮気妻と相手方を合わせて250万円といたって普通の金額でした。

 

しかし、小さいお子さん2人の親権をゲットしてしまいました!!

 

大金星です!!!

 

 

ご存じだとは思いますが、裁判で争って、小さいお子さんの親権を父親がゲットするのは非常に困難です。

 

特別な事情がないかぎり、父親が親権を獲得するのはほぼ100%不可能だと言っても過言ではありません。

 

※ちなみに女性に不貞行為があっても、裁判で親権を争う際の判断には全くと言っていいほど影響しません(妻が不貞行為をしていてもそれを理由に夫が親権をとることはできない)。

 

 

幸い?Hさんの奥さんは、相手方男性にご執心で、Hさんに強く離婚を迫ってきていました。

 

これを利用しない手はありません!

 

 

そこで、がっつり定番の作戦、相手方への慰謝料請求をしつつ、浮気妻には「絶対に離婚したらへん作戦」を遂行!

 

※有責配偶者(浮気をした側)から、無責配偶者(浮気をしていない側)への離婚請求は認められない。

具体的には、浮気妻からHさんに離婚裁判を起こしても、裁判所は離婚を認めない。したがってHさんが離婚に応じない限り浮気妻は離婚できないということ。

 

断固離婚拒否の姿勢から、

 

親権もらえるなら・・・離婚考えようかなぁ・・・ボソボソ・・・

 

そこに「子供とはたくさん会わせてもらえるの?」と浮気妻がバクッと喰いついてきたわけですわぁ!

 

必勝パターンです。

 

 

Hさんには、親権獲得最優先、とにかく協議離婚を成立させるために親権を獲得すること以外の条件はなるべく譲歩する様に伝えてあったので、条件はそこそこというか普通でしたが、裁判では絶対に獲得できないとされている父親が小さい子供さん2人の親権をゲットして、見事に協議離婚が成立しました!

 

ただ、お子さんのことも考え、面会交流の回数や時間、元妻が家に来るようにするなど、そのあたりはかなり柔軟に対応できる内容(離婚協議書の)にしておきました。

 

 

メールと電話を合わせてHさんとは、危うく100回以上のやりとりをするところでしたが、相手方からの慰謝料獲得、親権を獲得して浮気妻との離婚が成立したと聞いてホッとしました(^^;

 

手間と報酬のバランスを考えるとビジネスマンとしてはしょぼいかもしれませんが、とってもスッキリ!素晴らしい結果だと思います!

 

以下、H様からのメールコピペ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

野田先生

本当に今回ありがとうございました。
ご参考までに、サインをゲットした、3つの書類を各々ご参考までにお送り致します。

今年帰省の際には、スケジュールが合えば是非一杯よろしくお願いします。

今後も、私のような不倫問題に直面した方々が一人でも多く、野田先生と出会うことができ、私のように紆余曲折ありながらも、再スタートが切れることを願っています、
野田先生の益々のご活躍をお祈り致します。

以上、よろしくお願いします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Hさん帰省&一杯のご連絡、お待ちしておりまーす(^o^)/

 

お粗末様でしたm(_ _)m

岐阜市・浮気調査・慰謝料請求の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります