不貞行為から3年までは離婚できる!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けません!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・岐阜県北部・三重県北部・滋賀県・福井県・で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。※やみくもにグループを大きくするつもりはなく、堅実に運営していきたいので、士業限定(ご紹介除く)です。

 

==================================

 

「不貞行為の時効は3年だから、証拠を撮ってから3年間は離婚できるということですよね?」

 

浮気調査のお客様から良く聞かれる質問です。

 

 

実はこれ、大きな間違いで、時効まで3年というのは、不貞行為(不法行為)の「慰謝料請求」のことであって離婚のことではないのです。

 

 

※民法第724条:不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。以下省略

 

これは、不貞行為の証拠を撮っても、3年間慰謝料請求をしないと、慰謝料の請求ができなくなってしまうということです。

 

これはあくまで慰謝料請求についてのことで、離婚について時効という定めはありません。

 

ですから、「不貞行為から3年経過したら絶対に離婚できない」というわけではなく、その反対に「不貞行為から3年間は必ず離婚できる」というわけでもないのです。

 

 

例えば、具体的にどういうことかというと・・・

 

3年前の浮気夫(妻)の不貞行為が原因で、それ以来ずっと夫婦関係がギクシャクしたまま別居が続いており、婚姻の継続が困難になっている様な場合ですと、浮気夫(妻)が離婚に応じなくても、裁判所は離婚を認めることがあるということです。

 

その反対のケースもあります。

 

不貞行為発覚後、夫婦関係が良好に回復しいて不貞行為から2年が経過していたとします。

まだ不貞行為から2年しか経っていないから、浮気夫(妻)が離婚に応じなくても裁判所に訴えればあと1年は離婚できるということにはならないのです。

 

余談になるかもしれませんが、この(後者の)場合、一旦良好になっているわけですから、別の原因が生じて離婚したくなったと考えるほうが自然です。

 

この様に、不貞行為から何年経過したからもう離婚できない、何年までは離婚できるということは、一概には言えないのです。

 

 

ちなみに、不貞行為が原因で離婚に至った場合、その慰謝料請求の時効は、不貞行為があったときではなく、離婚に至った時から進行します(数えます)。

 

とはいっても、不貞行為を理由に離婚したい場合、特別な事情が無ければ、なるべく早くしたほうが良いと言えます。

 

なぜなら、不貞行為から年月が経てば経つほど、離婚とその不貞行為との因果関係が証明しにくくなるからです。

 

 

この様に、離婚の問題は相手方への慰謝料請求ほどシンプルな問題ではないのです。

 

しかし、多くの方々は、3年後(以内)に離婚したいから、今のうちに証拠を撮っておきたい、と言われます。

 

子供が卒業するまでは・・・

 

子供が成人するまでは・・・

 

就職先が見つかるまでは・・・

 

などという理由からです。

 

 

先日の依頼者さんも

 

子供さんが中学校に入学したばかりなので、証拠を撮っておき、子供が中学校を卒業したらすぐに(3年後)離婚したいと、おっしゃっておられました。

 

この依頼者様も、不貞行為から3年は離婚できると思っておられた様です。

 

じゃぁ、3年後に証拠を撮ればいいじゃん!

 

という話にもなりません。

 

そのころに、不貞行為があるとは限らないからです。

 

ですから、不貞行為の証拠は撮れるうちに(不貞行為があることがわかっているうち)撮っておく、つまり、すぐに撮っておくという、この依頼者様のお考えは正しいと言えます。

 

 

ちなみに、証拠が撮れたら、すぐに離婚するのではなく、不貞行為を理由に、浮気夫(妻)と別居しながら離婚の機会をうかがうという方法もあります。

ただし、別居するにしても、ただ家を飛び出のではなく、書面(例えば、別居に関する覚書)などを締結しておくなど、後々、不利にならないような対策をしておくことも考えなくてはなりません。

 

また、離婚には、不貞行為から●年までなら離婚できるという明確なルールがありません

 

上にも挙げた様に、離婚の問題は複雑ですので、専門家に相談しながら進めることをお勧めします。

 

ご参考までに・・・。

 

岐阜市・浮気調査・慰謝料請求の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります