弁護士の一言で楽になった | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

浮気調査の専門家・野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負かません!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・岐阜県北部・三重県北部・滋賀県・福井県・で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。※手広くやるつもりはなく、堅実に運営していきたいので、行政書士限定です。

 

===================================

 

探偵をやっていて、調査よりも?難しいなぁ~と思うことがあります。

 

それは、感情にまかせて行動してしてしまう人をコントロールすることです。

 

ある意味調査よりも難易度高いです(^^;

 

 

具体的はこんな感じです。

 

・調査中(調査の前日ということも多々)に異性の存在を問い詰めてしまったり

 

・張り込み中に調査現場に現れたり

 

・調査期間中に自分で嗅ぎまわったり

 

・調査期間中にネチネチチクチク探りを入れたり

 

・十分な証拠が撮れていない段階で行動を起こしてしまったり

 

・調査の前日に、調査対象者である別居中の夫を強引にラブホにつれていってホニャララをしたというレアケースまで(笑)

 

とにかく、僕は口をすっぱくして「やったらダメだよ!」と言っているのですが、感情にまかせて、やってはいけない行動してしまう人がいます。

 

 

余談になるかも知れませんが・・・

 

多くの探偵社では、お客様とやりとりをする担当者が決まっていますが、調査現場には行かない担当者でも、たくさんのお客様の担当をしていますので、仕事量は意外と多く、日々、膨大な量の仕事をこなしていますから、そういったお客様をコントロールすることに多くの時間を費やしているいる余裕はありません。

 

ちなみに、時間をかけてもあまり変わらない、いや、むしろ、感情にまかせてしまう(病んでいる様な)タイプのお客様は、話を聞いてあげればあげるほど、どんどん頼って(甘えて?)きて、どんどんダメ(感情にまかせて動く様になる)な方向に向かっていく傾向の方が強いです。

 

ですから、お客様がいけない方向に向かっていると感じたらあえて事務的な対応をすることもあります「(^^;

 

ちょっと脱線しかけましたが、話を本題に戻します。

 

 

「感情にまかせていけない行動してしまう」と言うと響きは良い?ですが、やっていることは調査の妨害です(笑)

 

感情にまかせて行動して自ら

 

・調査の結果を出にくくしたり

 

・調査の日がシロになってしまったり

 

調査を長引かせたり

 

調査続行不能にしたり

 

してしまっているのです。

 

 

ですから、僕は口をすっぱくして何度も「ダメですよ」と言う様にしています。

 

でも、こういったタイプの人は、その場は「分かりました」と言うものの、何度言っても(約束しても)また普通にやります(-。-;

 

正直「何度言っても言うことを聞かないお客様」はとても手間と時間と労力がかかり、精神衛生上も辛く、「ちゃんとアドバイスに従ってくれる優秀な?お客様」は、手間も時間もかからず楽ですから、料金かえなきゃ不公平になると思うことがあるくらいです(苦笑)

 

僕も人間なので、良かれと思って一生懸命アドバイスをしているのに、それを何度も無視して、やってはいけない行動をされると正直「イラッ」とすることもあります(^^;

 

 

しかし、それよりも何よりも、例えお客様がご自身で調査をぶち壊しにしたり、台無しにしたとは言え、目的が達成されず悲しい顔をするお客様を見たくはないのです。

 

またそう言ったケースは、僕らもあまり達成感がなく、お客様にとっても辛い訳ですから、お互いにとって良い結果とは言えません。

 

ですから、嫌われて良いから、もくどくど言う様にしています(笑)

 

ところが、あるとき、弁護士のM先生と2人でお酒を飲む機会があったので、このことをちょっと相談してみたところ、意外な答えが返ってきました。

 

そして、少しだけ自分の考えも変わり、楽になりました。

 

 

M先生:「そういう人(感情にまかせて動く人)は、調査がうまくいくということよりも、感情のままに動きたい気持ちを優先させた、それをを自分自身で選んだのだから、野田さんが気にする必要はないよ。お客様は感情のままに動くほうが楽で、それを自分自身でで選んだのだから・・・。」

 

この言葉で僕はとても楽になりました。

 

しかし、ちょっぴり固定観念に侵されていた面があったのかなぁ?と思いました。

 

早く安くより良い証拠が撮れること・・・正義

 

お客様が感情にまかせて動いて、余分に時間やお金がかかる、結果が出なくあなる・・・悪

 

野田の頭の中はこうなっていました。

 

お客様によっては、決めつけで親切?の押し売り??をされたと感じていらっしゃる方もいたかもしれませんね。

 

 

でも、やはり探偵は証拠を撮ってなんぼ!お客様にも後悔して欲しくはありません!!

 

という基本的なスタンスは変えないつもりです!!

 

ですから、これからもある程度は「ダメなことはダメ!」と言い続ける必要はあると考えちゃいますね(笑)

 

お粗末様でしたm(_ _)m

 

 

岐阜市・浮気調査・慰謝料請求の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります