離婚の話し合いは順番が大切!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

【正社員募集】

探偵(正社員)になりたい方を募集しています。(研修有り、未経験者歓迎、経験者優遇、勤務地は名古屋)。独立開業支援!

 

弊所(行政書士TOMO法務事務所)は、不貞行為の慰謝料請求と離婚が専門なので、よく離婚に関する問い合わせがあります。

 

しかし、半分くらいの方は、何やら、思い違いをしておられます。

 

昨日もそんなお客様(男性)とお電話でお話をさせて頂きました。

 

 

夫婦で話し合いをして色々決めてから離婚協議書の作成を申し込みたいとおっしゃるのです。

 

よほどの円満離婚でもない限り、話し合いをしながら決めたら必ず揉めます。

 

 

最初は条件に折り合いが付きそうでも、現実的な計算をしてみたら怖くなったとか、も途中でお金を払うのが惜しくなったり、もっと欲しいと思ったり、誰かに入れ知恵をされたりと・・・・揉める要素は盛りだくさんです。

 

浮気が原因の場合などは、更に揉める要素が盛りだくさんなのです。

 

お互いの気持ちや話し合いで解決できていたのは、遠い昔に愛し合っていた過去の事!

 

かつては愛し合っていたパートナーかも知れませんが、今、目の前にいる夫(妻)は、あなたと相反する利益を求めている敵なんですよ!!

 

俺(私)が話せば何とかなるという思い違いは男性の方が圧倒的に多いです。

 

妻をいつまででも、自分の所有物だとでも思っているのでしょうか?

 

いえいえ、まだ書類上は夫婦でも、そこに居るのはもうあなたののではなく、既に別の誰かの腕の中で悶えている、何処かよその女なのです!

 

 

昨日のお問い合わせ(最初は調査の件で)お客様もそうでした。

 

そもそも、昨日のお客様は、野田に言われるまで、離婚協議書を作成することを考えていなかった様です。

 

野田の話を聞いた後も、どうしても話し合いをしてから・・・と言っ聞かないのです。

 

変な思い込みのあるお客様の考え方は、以下の様な順番で考えている様です。

 

①夫婦で話し合い、②夫婦間の合意、③専門家に相談、④離婚協議書作成、⑤署名押印 の順です。

 

 

もしも、あなたが不貞行為の被害者(浮気をされた側)なら、書類にサインしてもらえやすいという視点で見れば、野田が正しいと思う順番は以下の通りです。

 

①専門家に相談、②離婚協議書作成、③夫婦で話し合い、④夫婦間の合意、⑤署名押印 の順です。

 

 

よく考えてみて下さい!

 

そもそも、離婚にも法律にも詳しくない2人が話し合って、いったい何をどのように決めるのでしょうか?

 

まずは、専門家に相談して、そこで、決めなければならないこと、有利に進める方法などを理解する。

 

そして、合意できそうな(押し切れそうな)範囲で、こちらに有利な書面を作成する。

 

それから、話し合い、その場で話し合いをまとめて、気が変わらないうちに署名押印という順番が良いと思います。

 

 

そもそも、離婚協議書もないのに離婚の話し合いをするなんて、営業マンが、契約書を持たずに営業に行く様なものでしょ。

 

僕の中では、浮気夫(妻)と離婚の話し合いをするしてから専門家に相談するということは・・・

 

行為が終了した後に、コンドームを装着しているのと同じくらい非常識です(笑)

 

昨日お客様には、順番が違うということをお伝えして、先に離婚協議書を作成してから説得したのですが、どうしても全部段取りをしてから電話をしますということでした。

 

奥さんがいい人、もしくは、アホで有って欲しい失敗しないいで欲しいと願います。

 

現在、野田は超多忙なので、出来ればすぐには依頼を受けたくないと言う気持ちは多々あったものの、浮気妻にいい様にやられて、失敗して欲してしまっては!?という気持ちが優先してしまい・・・。

 

だから、野田は休みがほとんどとれないのかも・・・。

 

 

あっ!もしかしてお客様には、野田が、仕事を欲しくて説得したと思われていたんですかねぇ!!?

 

だったら、とっても切ないです~(T▽T;)

 

そういえば・・・

 

「必要になったら、会社休んででも行きますから大丈夫です!」←自分の事しか考えていないやん。それ奥さんに浮気されるちゃうタイプですぞぉ!

 

なんて言われましたけど・・・( ̄_ ̄ i)

 

あ゛ーーーーーっ!

 

もしかして、行政書士事務所はいつでも予約がとれるほど暇だと思われていたのでしょうか?

 

確かに行政書士って、めっちゃ暇なイメージですもんねぇ?(笑)

 

業界のイメージを刷新ねばっ(((( ;°Д°))))

 

野田はそんなに暇ではないですよぉ~!

 

※写真は野田ではありません(笑)

 

ていうか、無理矢理にでも取ろうとしている月に1日の休みも半日になっている始末なのに・・・・

 

そんなふうに思われているのであれば、完全週休2日にしてやるぜっ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:←注:野田限定です。調査員諸君は今まで通りでお願いします(笑)

 

お粗末様でしたm(_ _)m

 

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります