そんなこと気にするな! | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

「探偵をつけるなんて、もうおまえ(あなた)のことは信じられない!」

 

浮気夫(妻)の常套句です。

 

 

探偵をつけたことに対して、夫婦の信頼関係が損なわれたと言うのは、ただの戯言です。

 

浮気調査をしたことが分かると、こういったこと馬鹿げたことをおっしゃってしまう浮気夫(妻)、実はちょいちょいいます(笑)

 

中には、浮気調査をする前に、こういったことを言われるのではないか(浮気妻や夫がこういったことを言うタイプだから)と気にされている相談者様もちらほらいらっしゃいます。

 

しかし、そんなことを気にする必要はありません!

 

 

浮気夫(妻)がそんなことをおっしゃっちゃったら、ボコボコのけちょんけちょんにしてあげて下さい(笑)
※注:左右のパンチを連打した後に、必殺の上段回し蹴りでトドメを刺せ等という意味ではありません(笑)

 

 

そもそも、探偵社が行う調査という行為は「探偵業の適正化に関する法律」という法律によって規定されているわけで、ということは、御上も認めたお墨付きの正当な行為なのです。

 

 

それに対して、浮気(不貞行為)は、配偶者の権利を著しく侵害するという、大変立派な不法行為にあたります。

※不貞行為:配偶者のあるものが配偶者以外の異性と自由の意思をもって性的関係をもつこと。

 

民法第709条には「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」と規定されています。

 

また、民法第701条1項には、民法770条1項は以下の様に定があります。

 

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
①配偶者に不貞な行為があったとき。

②以下、省略

 

 

つまり探偵に頼んで調査をするという行為は、御上も認めた正当な行為であり、浮気夫(妻)が行っている不貞行為は、配偶者の権利を著しく侵害し、夫婦関係をぶっ壊す、立派な不法行為なのです。

 

 

ただ、逆ギレするアホに対して

 

こちらは正当な行為で、おまえのやったことは不法行為だ

 

探偵つてられて困るなら、探偵をつけられて困るようなことをするな

 

と、まともなことを言ったところで、アホが理解するはずがありません。

 

 

そもそも、奴らは感情にまかせて、屁理屈を言っているだけ正当性は微塵もありませんから・・・。

 

もしも浮気調査をしたことに対して浮気夫(妻)が何か言ってきたら

 

で、何?

 

それが何か??

 

と開き直ってあげるのが良いかも知れません。

 

そもそも、「探偵をつけたことを言われたらどうしよう」などと気にするようではいけません。

 

あなたが気にするから浮気妻(夫)は、調子をこきまくって言ってくるのです。

 

浮気妻(夫)の逆ギレには、上に描いた様な、開き直りというカウンターパンチで応戦しましょう。

 

※注:実際にタイミングを合わせてカウンターパンチを炸裂させてはいけません(笑)

 

 

それでも浮気夫(妻)うざいことを言ってきたら

 

探偵をつけたことが、そんなにあかん事なら、裁判でも何でもしてそれを立証してみろやぁ。

 

それが出来んなら二度と言うな ボケェ、以上、お疲れ。

 

くらいの対応で良いかと・・・。

 

 

それか、ネチネチチネチネ 徹底的に理詰めで行くかです。←野田はこっちのタイプです(笑)

 

なるほど、お前の言っていることは、俺が探偵をつけたことがいけないと言っているんだな?

 

あなた(お前)のやったことは、民法という法律の第709条の不法行為にあたり、配偶者の権利を不法に侵害し、第701条1項でも夫婦関係を壊す行為して規定されているから明らかにいけない行為だが、私(俺)が探偵をつけたことが、いけない、夫婦の信頼関係を損なうと言うなら、どんな法律によってどのようにいけないのか説明してくれ?

 

と言ってあげましょう!

 

 

それでも浮気夫(妻が、気持ちの問題とか、愛情がとか、屁理屈言ってきたら・・・

 

2人の間で、相手が間違っていると互いに主張する以上、それをどちらが正しいのかジャッジする物差しはは法律だ。

 

私(俺)が間違っているというなら、その法的根拠を示せ、それができないということは、根拠もないのにただ自分の感情にまかせて気に入らないから間違っていると言っているに過ぎない。

 

探偵をつけたことをとやかく言われる筋合いはない。

 

と突っぱねましょう!

 

 

ただし、こちらが離婚したいならこれで良いですが、離婚したくないと思っている場合は、ちょっとやりにくいかと・・・。

 

そういう場合は・・・

 

私(俺)は、あなた(おまえ)のした行為が気に入らないのであって、あなた(おまえ)嫌いになったわけではない、だから余計に腹が立つんだ!

 

「罪を憎んで人を憎まず」ということわざも知らないのかっ!?

 

と反撃しましょう(^▽^;)

 

ていうか、ことわざって・・・( ̄_ ̄ i)

 

法律はどこ行っちゃったのかなぁ~!?これこそ屁理屈かもしれないが・・・(笑)

 

 

浮気妻(夫)が、「愛情が・・・信頼が・・・」など言うのは、浮気調査をしたことを口実にして言い掛かりをつけているだけで、本当に愛情や信頼が無くなっているとすれば、浮気調査をするよりもっと前に別の原因があるはずです。

 

つまり浮気調査は関係ないのです。

 

アホでも分かりますが、浮気調査より不貞行為のほうがよっぽど、信頼関係を損なう行為です。

 

 

半分冗談も交じえて書きましたが、間違いなく言えることは、探偵による調査が浮気を立証するうえで、非常に有効な手段であり、かつ、正当な手段であるため、浮気夫(妻)はにとって都合が悪いそれをされて、悔し紛れに「愛情が・・」とか「信頼が・・・」とか、もっともらしい屁理屈を並べて、何ら正当性のない逆ギレしているだけなのです。

 

ですから、それを真に受けた対応をしてはいけないということなのです。

 

お粗末様でしたm(_ _)m

 

 

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります