浮気調査中に依頼者様がやるべきこと!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

台風すごかったですね。

 

私は、浮気調査をしていましたが・・・(笑)

 

台風が来ると毎回、「でっかいコンテナの付いたトラックが道を走っていてひっくり返った」映像がニュースで流れていますが、もしかしてアホなんか?と思ってしまします(笑)

 

だって、普通の横風ですら不安定なクルマなんですから、台風が来ているときに走ったらひっくり返るに決まってでしょ?

 

ドライバーが悪いのか会社が悪いのか知りませんが・・・。どっちもかぁ。。。

 

 

色々と事情があるにせよ、当然、結果の予測がつくことなので、運転は控えるべきかと・・・。

 

ひっくり返った人が可哀そうというよりも、それによって影響を受けた人はいい迷惑です。

 

世の中には、「こうしたら、こうなるだろう?」と、結果の予測のつくことがあります。

 

浮気調査においても同じことが言えます。

 

 

やってはいけないことをすると必ず結果に影響します。

 

ですから、浮気調査の期間中に依頼者様が一番やらなければいけないことは「我慢すること」です。

 

しかし、結果が予測できるにもかかわらず、我慢できずに色々とやってしまう人がいます。

 

では、浮気調査中にとった依頼者様のNG行動がどんな行動がでんな結果を招いてしまうのでしょう?

 

 

・問い詰めたり、探りを入れてしまった。

当然ですが、調査対象者を警戒させてしまい、調査がやりにくくなってしまいました。

また、警戒により、密会の際に周囲を気にする様になったり、会う回数が減ったりして、調査が長期になってしまったこともあります。

やり過ぎて、しばらく会わなくなったとか、最悪のケースでは別れてしまって調査が不可能になってしまったこともあります。

 

 

・自分達(知人等含む)で調査まがいのことしてしまった。

知人の尾行に感づかれてしまい、調査がやりにくくなった。

中には、自分で尾行してバレた依頼者様もいます。

調査期間中にですよ!こちらからすれば、調査妨害以外何物でもありません。

ここまでやてしまう人は、たいていが既に問い詰めまくったりして、ただでさえ調査しにくい状況になっています。

つまりプロでもやりにくい状況になっているので、素人さんがやったら間違いなくバレるということです(汗)

 

 

・浮気調査していることを話した人が調査対象者と繋がっていた

浮気で悩んでいることを誰かに聞いてもらいたい気持ちは分かります。

しかし、調査を依頼したことは、ご両親さんくらいならともかく、むやみやたらと他人に話してはいけません。

話した人が、対象者と繋がっていたというケースが多々あるからです。

親友と思っていた人が対象者と内通していたケースも数例あり(親友?自身が浮気相手だったことも)、調査を入れた日だけ密会しないという恐ろしい結果になってしまったこともあります。その後、親友?が内通者だとの疑惑が浮上したので、親友?を騙して嘘の調査日を教え、何とか証拠は撮れましたが、余分な費用が掛かってしまったことは言うまでありません。

中には、相談にのってもらっていた実の妹が夫の浮気相手だということもありました。

また、探偵に依頼したことを話した友人が、悪気があった訳ではありませんが、お酒の席で酒の肴に「俺の友達が探偵を雇ってさぁ~。」と話した友人のそのまた友人が対象者と繋がっていて、調査をしていることが伝わってしまったというケースもあります。

 

・顔や態度に出てしまっていた

難しい事かも知れませんが、悩んでいたり病んでいたりするのを顔に出すのも対象者を警戒させてしまいます。

事務所に来られた方で、見た瞬間に、明らかに様子がおかしい(病みまくっている)と一目で分かっていてしまう方がいらっしゃいます。

中には病んでるアピール(わざとやっている?)のではないかと思えるような程度の方もいらっしゃいます。

初めて会った僕ですらそう感じるのですから、いつも一緒にいる浮気夫(妻)が、そのただならぬ異様な雰囲気を感じ取らない訳がありません。

そして、病んでいるのが一目でわかる依頼者様の案件は、たいてい対象者が非常に警戒しています。

 

ついついこの様なことをしたくなってしまうお気持ちは分からなくないです。

 

しかし、よく考えてみて下さい。

 

動かぬ証拠が欲しいから依頼しているんですよ!

 

それを自分で調査妨害してどないするんですかぁ!?(笑)

 

 

 

また、こういったことをしてしまう方に限ってご要望が非常に高く

 

早く、安く、完璧な証拠を求めてこられます。

 

しかし、自信がやっていることはその逆の結果を招いてしまうことです。

 

いくら時間がかかっても、いくらお金がかかっても、証拠が押さえられなくても

 

構いません!

 

とおっしゃる方はどうぞご自由になさったら良いと思います。

 

ぶっちゃけ、色々とやらかしてしまう方の調査は受けたくはあっりませんが・・・。

 

 

探偵は超能力者でもなければ、魔法使いでもありませんので、調査を妨害するようなことをされれば、それだけ調査の結果にすくなからず影響します。

 

しかし、我々もプロですので、妨害?さえされなければ、しっかり結果を出す自信があります!

 

弊社では、契約時に以下の点については、かなりしっかりと念を押すので、上記の悪い例は少ない方だと思います。

 

しかし、未だにやらかしてしまう方がいらっしゃいます。

 

 

やらかした案件(調査の前でも)は、必ずやりにくくなっています。

 

そうなれば、時間や費用が余分にかかります。

 

調査期間中は(調査を申し込む前も)くれぐれも、我慢!以下のことを守ってい頂きたいと思います。

 

・問い詰めたり、探りを入れたりしない

 

・自分達(知人等含む)で調査まがいのことをしない

 

・浮気調査をしていることを他人に話さない

 

・態度や顔に出さない(ポーカーフェイス)

 

 

ご参考までに・・・。

 

 

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります