慌てるとろくなことがない!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

【急募】

探偵(調査員)になりたい方を募集しています。(研修有り、未経験者歓迎。勤務地は東海地区)

興味のある方は、野田宛にお気軽にお電話下さい。

 

 最近また、ちょくちょくあるのが

 

今から、調査できますか?

 

明日、調査できますか?

 

という浮気調査のご相談(お電話)です。

 

 

もちろん、配偶者の浮気に気付いてら、なるべく早めに調査をするというのは、原則、正しい選択です。

 

理由は後に書きますが、時間が経つと状況が悪くなってしまう可能性があるので、浮気調査をするならなるべく早くやったっほうが良いというのが、浮気調査のセオリーだからです。

 

しかし、これらの問い合わせには共通点があり、そのほとんどの相談者様が、配偶者の浮気に気付て、すぐに電話をしてこられたのではなく、しばらく経ってから電話をされたにもかかわらず「すぐに調査をして欲しい」とおっしゃっているのです。←男性が多い

 

つまり、浮気に気付いたのに、すぐには相談や依頼をせず、ある程度の期間が経過してしまってから電話をしてきているのです。

 

これは浮気調査をするにあたって、好ましい事ではありません。

 

 

その理由は、時間が経てば経つほど状況が悪くなる可能性が高いからです。

 

例えば、不倫カップルも、普通のカップルの様に、最初は燃え上がっていても、だんだんそうでも無くなってきて、会う(SEX)の頻度が減ってくることがあります。

 

そうすると、証拠を撮るチャンス事態が減るわけですから、調査の日時をしぼりにくくなるなど、調査をするにあたり、良くない状況になるわけです。

 

その反対に、だんだん燃え上がっていき、本気になってしまい、浮気夫(妻)が、「離婚してくれ」「家を出て行く」などと言い出すことがあるのです。

 

中には、相手方女性や浮気妻が妊娠してしまった(疑う)というケースもあります。

 

 

後者の場合、一概に調査がやりにくくなるということではありませんが、場合によっては非常に厄介な状況と言えます(特に離婚しない場合)。

 

この様に、配偶者の浮気を知ってしまってから時間が経つと良いことはないのです。

 

また、調査がやりにくくなるのは、時間の経過による状況の悪化だけではありません。

 

その間の相談者様の行動によって、調査対象者を警戒させてしまっていることがあるのです。

 

配偶者の浮気に気付いてからすばらくして、「すぐに調査をして欲しい」と電話を掛けてこられる相談者様のほとんどは、「調査をするべきかどうか迷っていた」などとおっしゃいます。

 

しかし、迷っていただけならまだ良いのですが、そのほとんどの方がその間に、浮気夫(妻)を警戒させてしまう行動をとっているのです。

 

・ネチネチと何度も問い詰めていた

 

・疑っているのがモロ態度に出ていた

 

・上手にさぐりを入れているつもりが実はバレバレ

 

・自分で色々と自分達で調査まがいのことをして探っていた

 

などです。

 

※これらは、お話をしたり情報を伺うとすぐに分かります。

 

これでは警戒されないわけがありません。

 

 

もちろん、すぐに調査をするのは悪い事ではありません。

 

もちろん、明日、不貞行為が行われると分かれば、やるべきです。

 

ただし、それは、調査にあたり十分な準備をすることができれば、の話です。

 

調査に必要な情報を頂いたり、その情報を精査し、調査の作戦立案をして方針を決定したり、その他物理的な準備も必要です。

 

そして、これらは調査の精度(短期間でより有力な証拠を得られるかなど)に大きく影響することがあります。

 

※ひどい例だと対象者の車両がおかしなところに駐車してある。「すぐに調査をして欲しい」ということで、対象者の車両から調査を開始したところ、その車両に戻ってきた人物が対象者ではなく、別の人物だった(後にクルマを別の人に貸していたのが判明)ということもあります。

 

しかし、「すぐに」と言ってこられるお客様の案件は、十分な準備ができない状況(情報不足、契約する時間が無い、物理的に無理など)がほとんどです。

 

中には、すぐに調査をしてほしいばっかりに、こともあろうか都合の悪い(良くない)状況を伝えない方もいらっしゃいます。

 

イチかバチかということならまだしも、「すぐに」とおっしゃる方に限って、恐ろしく要望が高いのです(汗)

 

いくらでも相談する時間や機会が作れたにもかかわらず、しばらくの間、自分で良くない状況を作り出しておいて、「すぐに調査して欲しい」と十分な準備をする時間が無いにもかかわらず、自分のことは棚に上げ、恐ろしく高い要望を言ってこられるのです。

 

もしも、配偶者の浮気に気付いたら、とにかくすぐに専門家に相談すべきです。

 

そして、その相談内容やアドバイスを踏まえて、調査を開始するまでにしっかり準備することに時間を費やすべきです。

 

 

もしかしたら、経営者としては失格かも知れませんが、僕は、例え調査員が空いていても、十分な調査ができない(結果が得られないのですべきではない)と判断したら、ハッキリと「やめたほうが良いです」と言ってしまいます。

 

そうすると、お客様は残念そうに電話を切られますが、その口ぶりから、恐らくは、別の探偵社に電話をされるのだと思います。

 

「とりあえずお金になれば、結果はともかく何でも受注する良くない探偵社」に当たらないことを祈っていますが・・・。

 

 

少なくとも弊社は、お客様と同じく、できるだけ早く、なるべく安く、より有力な証拠を押さえたいと考えています。

 

何故なら、お客様あっての、看板あっての、弊社だからです。

 

配偶者の浮気に気付いたら、まずはすぐに専門家に相談することをおすすめします。

 

ご参考までに・・・。

 

 

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります