自宅の場所を探すのは簡単!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

◇ラジオ番組「探偵!ナイトスピーク」https://ho-muzu.com/radio/(野田がパーソナリティーを務めています)

 

※姉妹店募集

・愛知県(全域)・三重県(北部)・福井県・滋賀県西部・岐阜県(郡上市以北)、で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=============================

 

「浮気(不貞行為)の証拠はあるので、相手の女(男)の住所だけ調べて欲しい。」

 

そんなに多くはないですが、ちょくちょく頂く相談です。

 

ぶっちゃけ話をすると、「住所だけ」と言われると、あまり気乗りがしません。

 

何故なら、こういった相談をされるお客様のほとんどが、「住所調べるだけだから簡単に(格安で)できるでしょ!」と思い込んでいらっしゃるからです。

 

中には2,3万円でできると勝手に決めつけている方もいらっしゃいます( ̄□ ̄;)

 

さすがに、2、3万円は恐ろしい発言でございます(^▽^;)

 

 

しかし現実は、すんなり簡単に住所がわかるケースばかりではなく、とても大変なこともある、いやむしろすんなり分かるケースは少ないのです。

 

そして、住所だけ調べる案件は、案件によって、難易度の差がとても大きいのです。

 

 

難度の高い主なケースとしては・・・

※調査日の特定が困難で、複数回の調査が必要になる可能性のある案件を含む

 

・相手方の勤務先などがわからず、結局、浮気夫(妻)と接触したときでないと、相手方をキャッチすることができない。

※調査対象者を発見して尾行や張り込みを開始すること。

 

・相手方の勤務先は分かるが、張り込み等が困難な場所である。

 

・自分達で証拠を集めようと調査まがいのことをしたり、散々問い詰めたりして、対象者を極度に警戒させている。

※配偶者を警戒させると、ほとんどの場合相手方も警戒しています。

 

 

具体的に、最近あった

 

すっ転びそうになった相談は・・・( ̄_ ̄ i)

 

難度の高い案件の相談は・・・

 

お客様の見解では

 

・相手方は夫と職場が一緒なので職場がわかる。

 

・相手方女性の写真もある

 

・相手方女性は恐らく岐阜市内在住←これでは、ほとんど参考にならない

 

・これだけ分かっているので勤務先から調査をすれば1回で簡単に終わるので、5万円くらいでやってほしい。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

 

 

で、野田が、ネホリハホリ聞いてみると・・・

 

・浮気夫と相手方の職場は名古屋のど真ん中のでっかいビルで、出入口が複数ある←最低2名は要る

 

・そのビルは、張り込みをしているとすぐに警備員が出てきて声を掛けられることがわかっている←張り込み不可能

※以前の調査より

 

・相手方女性の勤務(退勤)時間不明、勤務日も曖昧←調査日、開始時間がに余裕をもつ必要がある

 

・夫は超警戒している←だろーね(^▽^;)

※何故か思い込みの激しい依頼者の案件は、対象者が超警戒していることが多い。

 

 

結論、勤務先からの尾行は無謀((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

で、野田が提案したのが以下の方法です。

 

夫と相手方女性は毎週、土日の何れかに朝から晩まで会っている(夫が仕事と嘘をついて出て行っている)ので、この。おデートの離別後に相手方女性を尾行する提案をさせて頂きました。

 

そしたら・・・

 

「それだと、土曜か日曜の1日に絞れないから2日やらなきゃいけないし、時間も長くなるので、確実に接触したことが分かったら、別れ際に調査を開始して1回で短時間で終わる様にしてほしい」と、無茶なご要望・・・。

 

接触したことが分かったら調査開始と言われても・・・。

 

接触したときに調査員空いている保証はありませんし、そもそも、接触したかどうかなんて、完全Iは把握できません。

 

ていうか、クルマ捨てて会われたら、どうやってキャッチするの!?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

ここまでくると嫌がらせレベルです(笑)

 

 

上に挙げたのは極端な例かも知れませんが、実は、けっこうこれに近い無茶なことをおっしゃられるお客様もちょくちょくおられます。

 

こういう場合、お受けしてもお互いの為になrませんので、お断りさせて頂いていますが・・・。

 

ところで、浮気調査をする場合(証拠の収集から始める)でも、ものすごく警戒していて、尾行が困難な状態で、相手方の住所を調べるのが一番大変であることがあります。

 

しかし、その反対に、案件によっては、証拠の収集から始めてその流れで簡単に相手方住所が分かってしまうこともあります。

 

ラブホを出た後など、離別後に、相手方を尾行しいったら、警戒せずにすんなり家まで連れて行ってくれるケースなどです。

 

勘の良い方は、もう、お分かりだと思いますが、行動調査においては、証拠の収集から開始して相手方居所をつきとめる全行程を行なうよりも、相手方の住所を調べるだけのほうが大変な案件もあるのです。

 

 

もちろん、弊社としても、信用や看板が大切なので、なるべく、早く、安く、お客様のご要望にお応えしたいと考えておりますが、調査は、相手があることであり、また、案件によって状況は様々です。

 

費用節約が最優先になってしまっては、十分な調査はできません。

 

くれぐれも、あまりな無茶は、言わないで頂きたいと思います(^▽^;)

 

お粗末様でしたm(_ _)m

 

 

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります