人は見かけによらない!? | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

現役探偵&頼れる?街の法律家行政書士!?野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

先日、残念なことに、今年に入って初めて「不貞行為の慰謝料請求」の「示談」に失敗したお客様(以下「M様」と言います)がいらっしゃいました。

 

実は、弊社の「不貞行為相手方に対する慰謝料請求」成功率は90%以上、失敗はレアケースなのです。

※証拠が揃っていて、まだ交渉等をまだ開始していない案件の統計。また、原則、それ以外はお受けしていません。

 

 

この案件の相手方は、M様の妻の浮気相手(男性)ですが、こいつが「バカ過ぎて」お話になりませんでしたわぁ( ̄_ ̄ i)

 

ところで、お互いの話し合いによって和解するのと、裁判(訴訟)で争うのとどっちが良い(お得な?)ことなのでしょう?

 

私は、被害者、加害者、どちらにとっても話し合いで穏便に解決した方が、お互いにお得だと思います。

 

 

【示談で解決した場合】

 

・被害者、加害者共に数十万円の弁護士費用がかからない。

 

・被害者、加害者共に裁判費用がかからない。

 

・被害者、加害者共に時間や労力がかからない。

 

・被害者、加害者共に周りに知られずに解決できる可能性が高い。特に知られて体裁が悪いのは加害者側。

 

 

 

【裁判で争う場合】

 

・この案件の場合、証拠が完璧なので、恐らく加害者(訴えられた側)に勝ち目はない。

 

・被害者、加害者共に数十万円の弁護士費用がかかる。また、被害者側の弁護士費用の一部は慰謝料を支払うことにになった加害者が負担することになる。

 

・被害者は、探偵社に支払った費用の一部を請求することができる。

※裁判で認められている例が多いです。

 

・裁判費用は負けた側が負担、つまりこの案件は、加害者側が負担することになる。

 

・お互いに数ヶ月以上の時間や労力がかかる。

 

 

この様に、自分達で話し合いをして解決するより、裁判で争うほうが、お互いにとって負担が大きいのです。

 

特に加害者にとっては、その差が大きいのです。

 

金銭的な面で、加害者の負担がどれだけ増えるのか検証してみます。

 

話し合いの場合は、慰謝料以外に、せいぜい、書類作成や公正証書の代金がそれぞれ数万円かかる程度です。

 

ところが、裁判の場合、加害者は、慰謝料に加えて、自分の弁護士費用が「数10万円」、裁判費用の数万円、相手方の弁護士費用の一部、探偵費用の一部を負担することになります。

 

また、被害者も示談ではそこそこのところで手を打とう考えるていても、裁判となれば手間や費用がかかるので、目いっぱい請求してやろうということになると思います。

 

そうすると、加害者は、軽く50万円以上、下手したら100万円以上、負担がすることになるのです。

 

つまり、話し合い、裁判共に、慰謝料が同じ150万円だったとしても、裁判だと余分にかかる費用があるので、加害者は、少なくとも200万円~300万円以上の負担をすることになるのです。

 

 

ですから、話し合いにおいて、そこそこの金額(一般的な金額の慰謝料)で和解するほうが、金銭的な負担が少ないのです。

 

もちろん、時間や手間、体裁なども先に書いた通りです。

 

もし相手方(加害者)が、賢い人なら、この理屈がわかるはずですので、真摯に謝罪して、その上で一般的な金額を提示して和解したい旨を示すでしょう。

 

 

ところが、今回に加害者(相手方)は、残念なことに「完全なおバカ」だった様です。

 

話し合いに応じないどころか、M様が話し合いに臨んだ際には、バカにしたような態度で、暴言まで吐く始末です。

 

ちなみに、「暴言はしっかり録音」されています(^O^)/

 

更に、M様は、弊社に浮気調査を依頼する以前に、この男性に妻との不倫関係を止める様、忠告していたのです。

※忠告した証拠もあります。

 

その後も、不倫関係が継続していたので、弊社に浮気調査を依頼、完璧な証拠を押さえて、今回の話し合いに臨んだのですが、相手方がおバカ過ぎた様で話し合いがまとまらなかったのです。

 

 

その後、M様は、野田が紹介したやり手の弁護士先生に慰謝料請求について委任されました。

 

当然ですが、一度忠告していたにもかかわらず、不倫関係を継続し、更に暴言を吐きまくり・・・

 

けっこうな金額を請求するみたいです( ´艸`)

 

頭下げって、示談で済ませておけば良かったのにね。。。

 

くわばらくわばら・・・

 

そうそう、この男、見た目がブタみない(LOOKブタ)なのですが、知能もブタ並だったとは・・・。

 

 

誰だ!?「人は見かけによらない」何て言ったやつはっ!!

 

あっ、ゴメンゴメン、人じゃなくって「ブタ」だったかぁ(笑)

 

ブタさん、ピンチ!

 

↓これは「ミンチ」 無料素材より。画像タイトルは「肉料理の準備」だって(笑)

 

お粗末様でしたm(_ _)m

 

岐阜市・浮気調査・慰謝料請求の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります