岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

現役探偵&頼れる?街の法律家行政書士!?野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

一線を超えていない!?

 

いましたねぇ~!ちょっと前ですが・・・。

 

パープリン発言の議員さん。

 

これ以来ね、ミーハーな浮気夫(妻)や相手方が、このセリフをマネしてパープリンな言い逃れしようとしてくるんです(笑)

 

 

では「ラブホテルには行ったが、一線は超えていない」と言うのですが、こんなバカげた言い逃れは通るのでしょうか?

 

良識のある人なら、何でそんな分かりきったバカみたいな質問をするんだ?

 

と言いたくなるでしょう!

 

でも、念のために、書いておきます。

 

もちろん通りません!

 

 

何せ、「ラブホ滞在(出入り)の証拠」は「キングオブ浮気の証拠」ですからね!

 

私の知っている限り、複数回のラブホテル滞在の証拠があって、裁判で不貞行為が認められなかったケースは存在しません。

※婚姻関係破綻後、相手がプロなど特殊なケースは除く。

 

裁判官も良識ある人ということですよ!←あたりまえやん(^▽^;)

 

ていうか、こんな言い逃れが通ると思っている浮気夫(妻)や相手方がいるとしたら、それはアホ、いや、キ●ガイです(笑)

 

 

ところで、ラブホテル滞在の証拠はなぜ、「浮気の証拠の大様」なのでしょう?

 

ご存知の通り、ほとんどのケースで、不貞行為(性的な行為)は「密室」で行われます。

 

しかし、カギを開けたり、ドアを壊したりして、ドカドカと入って行き、証拠をおさえるわけにはいきませんので、実質、行為そのものの証拠を撮るのはほとんどのケースで不可能です。

 

ですから、浮気の証拠の多くはあくまで「推認」なのです。

 

推認:すでに分かっていること、前後の状況などから推測し、ある物事が事実であるらしいと認めること。

 

 

その典型例がラブホテル滞在の証拠です。

 

「性的行為を行なう為の場所であるラブホテルに」「この2人が何度も滞在していた」ことから「性的行為」があったと「推認」されるのです。

 

 

つまり

 

性的な行為を行なうことを目的としている「ラブホテル」に「何度も滞在していて」、「一線を越えていない」という、言い逃れは通用しないのです。

 

もっとも、ラブホテルでそういう行為をせず、「カラオケだけ楽しむ」「相談にのる」などということも、物理的には不可能ではありません。

 

実際にそういう主張をしてくるキ●ガイ浮気夫(妻)や相手方もいます。

 

 

しかしどうでしょう?

 

仮に一線を越えていなかったのが本当でも(100%ウソですが・・・)、

 

既婚者が配偶者以外の異性とラブホテルに行くのはアリなのでしょうか?

 

「一線を超えていない」という主張を信じられるのでしょうか?

 

 

すみません。

 

また、誰でもわかる意味のない質問をして・・・m(_ _)m

 

仮に本当に一線を越えていないとしても←100000%ウソですが(笑)

 

「李下に冠を正さず」です!

 

李下に冠を正さず:スモモ(李)の木の下で冠をかぶり直すと、スモモの実を盗んでいるのではないかと誤解を招く恐れがあることから、まぎらわしいことをすると、疑われても仕方ない。疑われたくないなら、まぎらわしいことをすべきではない。と言う意味。

 

 

確か、小学生か中学生のときに習ったような・・・

 

アホな言い訳をする浮気夫(妻)や相手方は、少なくとも中学生以下ということですね(笑)

 

超お粗末様でしたm(_ _)m

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります