自分で集められる証拠の数々! | 岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

現役探偵&頼れる?街の法律家行政書士!?野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

素人さんのスキルや機材では成功する確率が極めて低いうえに、超しんどい尾行や張り込みやるくらいなら、自分達で集められる浮気の証拠や情報はけっこう身近なところにあります。

 

スマホ・携帯電話、カバン、財布、手帳、デジカメ、マイカー、SNSなどなど、身近なところに浮気の証拠はあるのです!!

 

 

 

では、具体的にどんなものがあったのか!?

 

・夫(妻)と浮気相手が裸で抱き合っている写真

 

・夫(妻)と浮気相手のラブホテルでのツーショット写真

 

・局部や胸の写真

※持ってきて見せる人がいますが男性のはやめて下さい(笑)

 

・ラブラブなプリクラ

 

・身体の関係があることがもろにわかるLINEやメールのやりとり

 

・「愛してる」「大好き」「付き合って●年」など交際をしていることがわかるLINEやメールのやりとり

 

・facebookやインスタに見覚えのある写真

 

・相手方のfacebookやインスタの情報が夫(妻)の行動と合致

 

・コンドームなどの避妊具

 

・バイアグラなどのED治療薬や精力剤

 

・カーナビの目的地履歴や軌跡がラブホ

 

・ラブホテルのメンバーズカード

 

・ラブホテルのスタンプカード

 

・ラブホテルのレシート

 

・パンツのシミ

 

・シャツにファンデーションの跡や明らかに異性のものである香水の香り

 

・手帳に怪しい記号

 

 

 

などなど、

 

・単独でも不貞行為の証拠になりそうなもの、

 

・他と合わせて証拠になりそうなもの

 

・浮気を確信するには十分なもの

 

・探偵に調査を依頼する際に良い情報になりそうなもの

 

レベルは様々です。

 

 

しかし!

 

ここで早まってはいけません!!

 

あなたが夫(妻)の浮気を確信できる情報と浮気(不貞行為)の証拠は、必ずしもイコールではないからです。

 

浮気(不貞行為)の証拠は、性的関係があったことを客観的に証明できるでなければならないのです。

 

 

例えば・・・

 

夫のシャツにシャツにファンデーションの跡や女性ものの香水の香りがついていたら、あなたの中では浮気確定、怒り心頭だと思います。

 

しかし、それだけで不貞行為があったことを証明することは出来ません。

 

もちろん、「夫(妻)と浮気相手が裸で抱き合っている写真」であれば、それだけで不貞行為の証拠になり得るでしょう。

※夫(妻)であることが、容易に認識できるものなら

 

 

しかし、この場合も早まってはいけません。

 

恐らく、あなたは、夫(妻)の浮気相手(以下「相手方」と言う)に慰謝料を請求したいと思うはずです。

 

たとて、この写真で、夫(妻)の不貞行為が証明できたとしても、相手方が誰だかわからないと、相手方に慰謝料を請求することは困難です。

 

 

「ママ友の●●さん」「同じ会社の▲▲さん」など、知っている人ならともかく、いくら相手方の顔がしっかり写っていたとしても、相手方がどこの誰だか、分からなければ相手方に慰謝料を請求することは出来ないのです。

 

何故なら、「氏名」と「住所」が分からなければ、内容証明を送ったり、裁判をしたり(裁判所から訴状を送付する)出来ないからです。

 

自分で会いに行って示談をするにしても、少なくとも「居場所」を知っていなければ会いにすらいけません。

 

そして、職場などが分かっていれば話は別かも知れませんが、何も知らない相手方の住所をつきとめるには、浮気夫(妻)と相手方が接触した(会った)ときに尾行するしかありません。

 

ですから、いくら「不貞行為の証拠としては十分」でも、相手方のが誰だか分からないこの段階で、話し合いをしたり、問い詰めたりするのは、時期尚早なのです。

 

 

もしも、この段階で、問い詰めてしまうと、夫(妻)は、不貞行為については認めた(認めないケースもある)ものの、相手方については、ひた隠しにします。

 

更に、問い詰た後は、夫(妻)と相手方は頻繁には会わなくなり相手方をつきとめる調査が非常に困難になってしまったり、二度と会うことはなく、相手方については何も分からず迷宮入りになってしまったりします。

 

 

実は、これ非常によくあるのです。

 

「不貞行為の証拠は十分。でも相手方については何も分からないから調べて欲しい。」という相談です。

 

よくよく聞くと・・・

 

すでに、夫(妻)とは話し合いをして夫(妻)も認めている。

 

でも相手方についてはひた隠しにしていて、誰か分からないので調べて欲しい。

 

分かる情報は、相手方の写真、おそらく●●市に住んでいる・・・

※勤務先その他不明

 

そして、毎日の様に密会していた夫(妻)と相手方は、問い詰めてからは、今は会っていない(もしくはほとんど会っていない)と言うのです。

 

問い詰める前(頻繁に会っていたとき)に調査をしていたら、1回の行動調査、たったの1ケタ諭吉、そして不貞の証拠1回オマケ付きで相手方住所や氏名がわかっていたかもしれないのに、早まって問い詰めてしまったことにより、調査は相当困難な状態で、場合によっては膨大な時間と費用を費やしても迷宮入りになる可能性がある状態になってしまったのです。

 

 

そして、こういうお客様に限っておっしゃいます。

 

相手の住所が分かればいいだけだから簡単(安い)でしょ?と・・・。

 

冗談こいてるんじゃねーよ( ̄へ  ̄ 凸

 

ぶっちゃけ、こんな状態の案件、割増し料金もらってもやりたくないくらいです(^▽^;)

 

 

では、どうすれば良いのか?

 

こっそりとある程度の情報や証拠を集めたら

 

にかく、スタートを切る(問い詰めたりする)前に、専門家に相談することをおすすめします。

 

①十分証拠があると思う場合:弁護士に相談

 

②不貞行為は確信したが、証拠としては微妙:探偵に相談

 

が、良いのではないでしょうか。

 

 

整理します。

 

まずは、尾行や張り込みをしなくても、出来る方法で、こっそりと証拠や情報を収集する。

 

ある程度それらが、集められたら(集められない場合も)、何かアクションを起こす前に専門家に相談する。

 

「急がば回れ」と言ったところですかね。

※急がば回れ:急ぐからといって慣れない近道を通れば、道に迷うなどして、かえって遅くなるもの。
それよりも、多少の手間や時間がかかる回り道であっても本道を行くほうが、結局は早く目的地に着くということ。

 

ご参考までに・・・。

 

 

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります