岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

現役探偵&頼れる?街の法律家行政書士!?野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

あっ、最初に言っときます。

 

野田、クルマ大好き&クルマオタクなので、ストレス溜まってると、ブログにクルマの事を書きます(^▽^;)

 

でもって、前半がそれ、だから前半部分は浮気に全く関係ないです。

 

でも、全部読んで欲下さいね( ̄^ ̄)

 

さてさて・・・

 

先日、知人のFさんが経営する自動車整備工場に遊びに行ったときのお話です。

 

この日は何故かFさん、ちょっとご機嫌斜め・・・。

 

理由を聞いてみると

 

実は、以前に、フェラーリ360モデナというクルマのエンジンオイルオイルを交換をしたお客様から、

 

「前におまえにところで、オイル交換したら10Lも請求されたのに、この間ガソリンスタンドでオイル交換したら6Lしか入らんかったやないかぁ。おまえのところはぼったくりかぁ!?(  ̄っ ̄)

 

とクレーム電話があったそうだ。

 

 

野田:「え?モデナって10Lくらいオイル入るんじゃないの?」

 

Fさん:「入るよ。」

 

では、何故その様なことが起こったのか・・・!?

 

ほとんどの市販車には、エンジンの真下あたりに、エンジンオイルを抜くためのドレンという穴(普段はボルトでふさいである)があり、そこのボルトを外してエンジンオイルを抜くようなしくみになっている。

 

ちなみにフェラーリ360モデナとて例外ではない。

 

ところが・・・

 

ほとんどのクルマにはドレンが1つしか無いのだが、モデナは前後に2つのドレンがあるそうで、後ろから約6L、前から約4Lのオイルを抜く仕組みになっているそうだ。

 

つまり、スタンドの連中は、後ろのドレンからしかオイルを抜いていなかったのだ。

 

※ガソリンスタンドのスタッフはほとんどが素人です。ちゃんとクルマ屋さんで整備してもらうことをおすすめします。

 

 

野田:「お客さん可哀そう。Fさんもいい迷惑だね。」

 

Fさん:「まだいいてぇ、この間なんて・・・。」

※Mさんのところに修理の問い合わせがあった別のフェラーリ360モデナオーナーさんのお話

 

この360モデナは、走行中にエンジンブローで停車、ディーラーなら修理代は軽く3ケタ諭吉の大台に・・・

 

 

何故そんあことに・・・

 

スタンド店員:「●●さん、エンジンかなりぶん回すでしょ!?オイル多めにいれといてあげたでね!」

 

と、かなり親切な?スタンドの店員さんにオイル交換をしてもらったそうだ。

 

このスタンドの店員さんが、ドライサンプエンジンの事を知らなかったのが悲劇の始まり、小さな親切が大きな迷惑に・・・

 

※ドライサンプ:オイルパンからオイルを強制回収するポンプとそのオイルを貯めるリザーバタンクを持つものをいう。市販車は極少ないがレーシングカーなどに多く採用される方式。 それに対して、ウェットサンプは、リザーバタンクを持たない単純な構造、スポーツ走行には適さないがコストが安いので市販車の大半が採用。

 

実は、ドライサンプエンジンは、エンジンオイルを入れすぎると、入ってはいけないところにオイルが入っていまい、壊れてしまうのです。

 

 

Fさんいわく、メカニックならそんなの常識だそうです。

 

ちなみに、自分でオイル交換が出来るか否かは別として、野田でもそれくらいは知っていました。

 

Fさん:「素人がスーパーカーのメンテに手を出すんじゃねーてぇ。」

 

※ちなみにFさんは、元F3000の優秀なメカニックです。

 

とかなりお怒りな様子だった。

 

 

ドリンクホルダーの取付ならいざしらず、安全や性能にかかわる大事な部分はやはりプロに任せなきゃね。

 

浮気調査でも同じですよ。

 

尾行や張り込みなど、高いスキルや高性能な機材を必要とする行動調査は、素人さんが手を出すべきではないです。

 

 

しかし、自分で集められる証拠や情報もあります。

 

以下の様なものです。

 

・スマホ・携帯電話から:メール、LINE、通話履歴など

 

・カバンや財布:ラブホのスタンプカードやレシート、避妊具など

 

・手帳:浮気夫(妻)の予定

 

・マイカーの中:ラブホのスタンプカードやレシート、髪の毛、相手方の持ち物など

 

・カーナビ:目的地履歴、走行軌跡など

 

 

ただし、気を付けなければならないことがあります

 

・こちらも、あくまで、こっそりバレない様にやること

 

裁判などで証拠としてつかえる情報と、あなたが浮気(不貞行為)を確信できる情報は、必ずしもイコールでないことを理解することです。

 

まずは、これらの情報をこっそり入手し、浮気を確信した時点で、あわてず騒がず、すぐに専門家に相談することをおすすめします。

 

ご参考までに・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。