岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

現役探偵&頼れる?街の法律家行政書士!?野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の姉妹店として探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

※役立ちそうな内容は後半に書いています!

 

突然ですがクイズ?です!

 

Q1:自動車のエンジンオイルは、高性能エンジンの場合3000kmくらい、実用車の場合5000kmくらいで交換が必要なのは、皆さんご存知だと思いますが、すごく汚れるエンジンオイルと、あまり汚れないエンジンオイルどちらが良いオイルでしょうか?

 

①汚れるオイル

 

②汚れないオイル

 

 

 

Q2:ハイオクガソリン、レギュラーガソリン、燃えにくいのはどちらでしょうか?

 

①ハイオク

 

②レギュラー

 

③同じ

 

 

 

答えは「どちらも①」です。

 

【Q1解説】

エンジンオイルの主な役割のひとつに、エンジン内をきれいに保つという役割があります。エンジンオルが汚れるということは、その役割をしっかり果たしているということで、反対に、汚れないエンジンオイルは仕事をしていないよいうことです。

 

【Q2解説】

ガソリンがエンジン内で「点火する前に異常発火してしまう現象」をノッキングといいます。

このノッキングの起こりにくさ(耐ノック性)を示す数値ををオクタ価と言い、 この数値が高いほどノッキングが起こりにくいガソリン、つまり自然に燃えにくいガソリンなのです。

※日本ではハイオクが100、レギュラーが91程度です。

ちなみに、ハイオクが燃えやすくてパワーが出るからハイパワーエンジンに使用するのではなく、ハイパワーエンジン(高圧縮比や高回転型)ほど、ノッキングが起こりやすい環境ですので、燃えにくい(異常発火しにくい)ガソリン、すなわちハイオクが必要になるのです。

 

※野田は、ただのクルマオタクで、自動車の専門家ではありません(笑)

 

この答えを聞いて「目から鱗」ではなかったですか?

 

えっ、知ってたぁーーーっ!?(-。-;)

 

こっほん( ̄^ ̄)

 

まぁ、知らなくても差し支えないことですが、「知らなかった!」が、浮気調査や慰謝料請求(示談書等の作成)のことだったら大変なことになるかもしれません。

 

知識がないまま、自分で調査をしたり、自分で示談書を作成したりしたら大失敗につながる可能性があるかもしれません。

 

 

「慰謝料はいらない、だけど夫(妻)には二度と会ってもらいたくない」

 

といって、夫(妻)の浮気相手と以下の様な自分で作成した示談書を交わされてしまった方が、時々いらっしゃいます。

 

 

※ここでは「示談書」と表記していますが、示談書、和解合意書、覚書などの何れの表記も効力は同じです。

※甲:相談者(被害者)  乙:夫(妻)の浮気相手(加害者)

 

~前半省略~

 

第2条 乙は、本件不貞行為により、甲に多大なる精神的損害を与えたことに対して深く謝罪した。

 

第3条 甲は乙に対して、本件不貞行為にかかる慰謝料を請求しないことを約束した。

 

第4条 乙は、甲に対して、今後、甲の妻と、面会、電話、メール、その他手段の如何を問わず、今後、一切の私的接触をしないことを約束した。

 

第5条 万一、乙が前条の成約に1つでも違反したときは、乙は甲に対して違約金として金200万円を支払う。

 

第6条 甲と乙は本書に定めるほか、甲乙間に何ら債権債務が存在しないことを相互に確認した。

 

~以下省略~

 

 

その後、甲が、甲の妻と乙とが、楽しくランチをしているところの証拠写真をバッチリ撮れたとします。

 

そこで問題!

 

Q3:甲は、違約金の200万円を支払ってもらえるでしょうか?

 

 

答えは

 

A:「支払ってもらえない可能性が極めて高い」です。

 

そんなアホなっ!

 

 

と思われるかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があるのです。

 

 

【解説】

 

民法という法律には、以下の様な定めがあります。

第90条(公序良俗)

「公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。」

 

え?意味わからん!?ですよね。。。

 

ざっくり大まかに言うと・・・

 

「常識外れの契約は無効」になってしまうということです。

 

 

具体的には・・・

 

実は、この書面を交わした時点で、今回の不貞行為については和解が成立しています。

 

つまり、今回の不貞行為については解決しているということです。

 

ということは、この示談書によると

 

「乙は、甲の妻と食事をしただけなのに200万円もの大金を支払わなくてはならない」ということになります。

 

食事をしただけで200万円の違約金というのは、はさすがに暴利と言わざるを得ません。

 

もし、乙が弁護士の先生のところに、この示談書を持って行って相談したら、余計な知識を吹き込まれ 「この契約は無効だから払う必要はない」と言われるはずです。

 

 

仮に、違約金を1万円と定めていたら、恐らく問題にはならないでしょう。

 

しかし、それでは抑止力にもならず、書面を交わす意味がありません。

 

では、どうすればよかったのでしょうか?

 

 

「今回の不貞行為について乙が甲に対して慰謝料200万円を支払う義務を負っている」ことを書類に明記する」と共に

 

「第4条の契約が守られている間は支払わなくてよい(破られたら支払わなければならない)」旨の条項を設けるのが良かったと思います。

 

これなら200万円もらえたはずです!

 

しかし、こんな示談書は知識のない人には作れません。

 

それに、示談書には、他にも落とし穴がいっぱいです。

 

 

あとで後悔しないためには、数万円の費用でできる示談書だけでも専門家に依頼されることをおすすめします。

 

実は、何ともならない契約を交わしてしまった相談を受けた私も、お客様の無念を考えると、とても悔しくてならないんですよ。

 

ご参考までに・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。