岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

現役探偵&頼れる?街の法律家行政書士!野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

しかし!浮気調査なら岐阜県でどこにも負けないと自負しております!!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

◇探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

◇SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

◇行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

※姉妹店募集

・愛知県(名古屋市内以外)・三重県北部で法務's(ほーむず)の看板を使って探偵業を営みたい行政書士の方はお気軽にご連絡下さい。

 

=====================================

 

面白い統計?があります。

※弊社の勝手な統計?です(笑)

 

実は、弊所に相談に来られて

 

いきなり「トイレを貸して下さい」

 

と言った人で、調査や慰謝料請求がスムーズにいった人はいません(人数は少ないですが)。

 

 

いきなりこんなことを言われて、びっくりされたかも知れませんが、その納得の理由は後ほど・・・。

 

浮気調査において、驚くほどスムーズに調査がすすみ、いとも簡単に証拠が撮れるケース(以「簡単なケース」と言う)と、調査対象者が極度に警戒していたり、あまり証拠を撮る機会、いわゆるクロの機会に恵まれなかったりして、中々調査が終わらないケース(以下「難航するケース」と言う)があります。

 

調査対象者という相手のあることだからあたりまえだ!と思われるかも知れませんが、実は、「簡単なケース」と「難航するケース」の違いは、元々の対象者の資質によるものは少なく、大半は頼者様に起因しているのです。

 

100%ではないにしても、恐らく9割程度は、依頼者様が原因と言えるでしょう。

 

余談になるかも知れませんが、慰謝料請求や離婚という目的が「うまくいく人」「いかない人」においても同じことが言え、特に協議離婚や示談によって慰謝料を請求する場合は、それが特に顕著に表れます。

 

 

では、何故その様なことが起こるのでしょうか?

 

「難航するケース」の主な原因は、対象者の警戒行動が原因で、具体的には以下の通りです。

 

・絶えずメールの削除、携帯のロック、レシートなど持ち物の処分をするなどして浮気の痕跡が全く分からない様に隠ぺいしている。

・頻繁には会わない様にしたり、アリバイ工作、辻褄合わせなどをしたりしている。

・あえて行動パターンを変えたり、後ろを極端に気にしたりするなど、尾行に対する対策をしている

 

 

もともと慎重な人もいるかも知れませんが、さすがに人間の集中力等の能力には限界があり、これらのことを最初から極端にしている人は、まずいません。

 

もうお分かりだと思いますが、調査対象者がこの様な状態になってしまったのは、依頼者様が原因なのです。

 

 

そして、対象者がこの様な状態になってしまう調査(「難航するケース」)の依頼者様には、以下の様な共通点があります。

 

※ここから先、けっこう厳しいことを書いていますが、これから弊社に相談や依頼をされる方やこのブログを読まれた方に、うまくいってもらいたいからですので、予めご了承下さい。

 

 

①計画性が無く、行き当たりばったり

考えて計画性をもって行動することができず、行き当たりばったりです。

冒頭にも書いた「弊所に相談に訪れていきなりトイレを貸して下さい」と言う人がそれです。

考えてみて下さい。

これから自分の人生にかかわる重大な相談に行くのですよ。

僕なら、せめてトイレくらいは済ませて、相談ができる態勢で臨みます。

こういった方は、②とかぶるかもしれませんが、証拠がない段階で問い詰めてしまっています。

うまくいく人になりたいなら、前後の状況、行動に対する結果などを考えて、今何をすべきなのか計画性をもって行動して下さい。

 

 

②病んでいて、感情に任せて行動する

相談をはじめてすぐに、病んでいるのがわかります。

こういったお客様は、アドバイスに従わない(つい感情に任せて行動する)傾向にあります。

反対に、うまくいく人は比較的「あっけらかん」としていてアドバイスを聴いてくれます。

もちろん、「あっけらかん」としている人でも、本当にあまり病んでいない人は、極わずかで、実は大半の人はかなり病んでいます。

しかし、それを表に出していないだけで、感情を抑えて我慢して行動しているのです。

病んでいるとわかる人は、相談に来られる前から、ほとんど対象者にチクチク、ネチネチとやってしまっています。

中には、調査中もやってしまう人がいます。

本人は、上手に探りを入れているつもり、もしくは、何もやっていないつもりでも無意識のうちやってしまっているのです。

中には、何もやっていなくても、浮気を疑って病んでいるのが配偶者に伝わってしまっているケースもあるでしょう。

初めて会った僕ですら、すぐに状況が想像できるくらいですから、夫婦間ではなおさら悟られるでしょう。

それでは、浮気夫(妻)にはまる分かりで、警戒してあたりまえなのです。

そして、そういう方に「我慢して下さい」と言うと、「病んでいる(つらい)ので仕方ない。」的なことを言われます。

うまくいきたいなら、病んでいるから仕方ないという理屈は通りません。

まずは、ポーカーフェイス、つらくてもしんどくてもそれを表に出さず、感情にまかせて行動するのではなく、我慢して冷静に行動することが大切です。

 

 

③出来ない理由ばかり並べる

「夫(妻)がこうだから、ああだから」「●●が××だから」と、何を提案しても出来ない理由ばかり並べるという傾向があります。

 

様は体のいい言い訳です。

 

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」言葉があります。

 

さすがに「何事も」とまでは言いませんが、多くのことは「できない」のではなく、自分が「やってない(やろうとしてない)」だけなのです

まずは、やれない理由を並べるのはなく、やれることをやる、やれる方法を考える様にすることが大切です。

 

 

 

厳しいことを書きましたが、実は、これら、すべてを解決する方法があります。

 

それは「目的達成意識」を強くもつことです。

 

 

上に挙げた3つにあてはまってしまう方は、残念ながら目的達成意識が欠如しているのが原因です。

 

浮気調査をなるべく早く安く済ませ、離婚や慰謝料請求の目的をうまく達成するために、とるべき優先順位の高い選択肢があります。

 

ちなみに、うまくいく人(≒あっけらかんとしている人)も、同じように病んでいます。

しかし、感情にまかせて行動するのではなく「がまん」して、目的達成意識をもって、成功するための正しい選択をしているのです。

 

しかし、うまくいかない人は、ついその場の感情などに流されてしまい、正しい選択肢を選ぶことが出来ず、失敗する選択をしているからなのです。

 

 

では、成功するために選ばなければならない選択肢(行動)が分かっている(弊社でもアドバイスしていますので)のに、なぜ失敗すると分かっている優先順位の低い選択肢を選んでしまうのでしょうか?

 

それは、安全圏(コンフォートゾーン≒現状になれている状態)に心地よく居座ろうとする人間の本能が働くからです。

 

できない、無理だ、そこまでやらなくても、忙しい、時間がない、お金がない、まあいいか、こんなもんだろう、後でいいや、今やらなくても、今更やらなくても、面倒くさい、恥ずかしい、どうせ、普通はこうだ、失敗したらどうしよう、成功するわけない

 

などと、自分自身に言い訳をして、本当はこうしたい、という本当の自分に「ブレーキ」をかけてしまうからなのです。

 

 

そして、本当に選択しなければならない優先順位の高い選択肢(例えば、問い詰めず我慢するなど)が選べず、優先順位の低い選択肢(証拠を撮る前に問い詰めてしまうなど)を優先的に選んでしまうのです。

 

そして、自分にも他人にも、ずっと言い訳を繰り返します。

 

自己防衛・自己正当化からくる「言い訳」は、一時的な快感が得られます。何故なら、事実を直視しないですむからです。

 

そして、言い訳は嘘よりたちが悪いのです。スレは何故か?言い訳は、自己正当化という防御された「嘘」だからです。

 

更に、言い訳をする人、つまり自分を正当化している人は、変わることが出来ません。

 

何故なら、正当化するということは正しいと思っている(無理矢理正しいことにしている)、そして正しいのだから、変わらなくて良いということになるからです。

 

 

実は「うまくいく」か「いかない」かは、ちょっとした我慢や努力をするかしないかで、言わば紙一重なのです。

 

浮気の問題をなるべくスムーズに解決するという最優先課題を達成するという、目的達意識を強く持ち、そのために常に優先順位の高い選択肢を選ぶことが出来るか否かがそれです。

 

 

尚、正しい選択肢を選ぶうえで、覚えておかなければならないこがあります。

 

それは、浮気調査には「相手があることである」こということです。

 

もしも、相手がないことなら、自分本位の選択肢は正しいことだと言えます。

 

例えば、牛丼を注文した際に、お客様が「つゆだくにしてくれ」と言われれば、たとえ店員の好みが「つゆぬき」であっても、お客様の好みが「濃い味」であれば「つゆだく」を提供するのは正しいことです。←例えが貧困ですみません。朝、吉野家さんに行ってきたので・・・(^▽^;)

 

しかし、浮気の問題には相手があるわけですから、自分の好み(感情に任せた言動や自分本位の考え方、自分の固定観念などを優先させるなど)ではうまくいかないのです。

 

ですから、それを知っている我々プロがアドバイスをするのです。

 

 

そして、僕は、時には「依頼者様がこうしたい(してしまった)」ということに対して厳しく「NO」と言います。

 

依頼者様がこうしたい(例えば、自分で調査をしたい。浮気を問いただしたいなど)と言っても、それが間違っているなら僕は断固「NO」」と言わなければならないのです。

 

なぜなら、お客様が選ぼうとしている選択肢が、うまくいかない可能性の極めて高い、優先順位が極めて低い、決して選んではいけない選択肢だからなのです。

 

お客様のご要望に応えるのも大切だと思いますが、我々の仕事は、それだけではNGで、駄目なことは、キッパリと「駄目」と言わなければならないのです。

 

偉そうな言い方になるかも知れませんが、僕は、間違った選択肢を選びそう(選んでしまった)お客様には、しっかり指導?教育?しながら業務(調査)をすすめていく様にしています。

 

 

「そうだね。つらいから仕方ないね」と言ってくれる業者のほうが心地よいかも知れません。

 

でも、それでは、優先順位の低い選択肢を選ばせ、調査を長引かせる、もしくは、失敗に導く結果になる可能性が、極めて高くなります。

 

どちらを選ぶかはお客様次第ですが・・・

 

しかし、「そうだね。つらいから仕方ないね」と言って、お客様が優先順位の低い選択肢を選ぶのを見て見ぬふりをするのは、お客様におっても良くないことですし、何より僕自身が嫌なのです。

 

性分ですかね。

 

 

話は変わりますが、弊社ホームページの「必ずお読みください」というページには

 

「トイレを済ませる、お子さんを預けるなどして相談のできる態勢でお越しください」

と明記しております。

 

これは、人生にかかわる重大なことを相談する場なので、しっかりと相談ができる様にという理由もありますが、一部のこのままでは失敗するであろうお客様に対する指導・教育(←えらそうですみませんm(_ _)m)の一環と考えています。

 

 

そしてそれは

 

「トイレを済ませる」については、計画性をもって行動して頂くため

 

「お子さんを預ける」については、「預ける労力を省くこと」よりも、「しっかり話を聞く態勢を作る」、「お子さんに悪影響のある話を聞かせない様にする」という、この場合における優先順位の高い選択肢を選んで頂くという目的達成意識を持って頂く為です。

 

実際に、お子さんが泣いたり、歩き回ったりして落ち着いて相談ができなかったケースも多々あります。

 

そして何より「離婚」や「浮気」の話などを、お子様に聞かせてはいけません。

例え、内容を理解できない小さなお子様や乳幼児であっても、悪い影響は有れ、良いことは一切ありません。

 

あっ、「トイレ」は、いきなり「トイレを貸して下さい」と言った人ですんなり済んだ人がいない(少数だが全部難航した)から、縁起(験)をかつぐ意味もありますが・・・(笑)

 

 

それはさておき

 

「うまくいく人」と「いかない人」どちらになりたいかは、聞くまでも無いことでしょう。

 

ですから、自分の依頼した浮気調査を「簡単なケース」にしたいなら、正しいであろう選択肢であるプロのアドバイスに耳を傾けて、優先順位の高い選択をして欲しいと思います。

 

また、浮気の問題解だけではなく、人生において同じです。

人生うまくいっている人は、成功するために選ぶべき選択肢、常に優先順位の高い選択肢を選んでいるということを覚えておいて損はないと思います。

 

ご参考までに・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。