岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

岐阜市・浮気調査専門の探偵社&法務事務所 経営者 野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

浮気調査なら岐阜県ではどこにも負けないと自負しております!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋にも営業所があります。

 

SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

=====================================

 

探偵社に調査を申し込むうえで、お客様が一番悩むことのひとつに「調査をする日をいつにするか?」ということがあります。

 

 

浮気夫(妻)のe-mailやLINEのやりとりが見られるなど、特別な事情があり、浮気夫(妻)が浮気相手と密会する日が特定できる場合は、「この日に調査をする」とスポットで調査を入れるべきです。

 

こういったケースは、まず、空振りはありません。

 

 

しかし、これは例外で、ほとんどの場合、調査日を完璧に絞ることはできません

 

何故なら、自分の行動ではなく、浮気夫(妻)の行動ですから、通常は完全に把握するのは無理だからです。

 

ところが、多くのお客様が、根拠(情報)が無い(乏しい)にもかかわらず、「何となく怪しい」などの理由で調査日を「この日」と決めてしまいます。

 

 

調査をする日にちが多くなればその分、調査料金があがりますから、なるべく少ない日数で終わらせたいという思いからなのでしょう。

 

 

しかし、根拠がない(乏しい)のに調査日を絞ると「かえって空振りする(調査の日に異性と会わない)」ことが多いのです。

 

コストも大事ですが、それを1番優先してしまって、空振りしてしまっては、本末転倒です。

第1の目標は証拠を押さえることですので、無理に絞って外してしまっては意味がないのです。

 

 

ですから、僕がお客様のお話を伺って、「絞るのは危険」かつ「頻繁に会っている様だ」と判断した場合は3~7日間、連続して調査を入れる様におすすめしています。

 

※成功報酬制の調査もありますが、探偵社がリスクを負う分、どこも割高です。弊社の場合、頻繁に会っていれば、通常の調査がお値打ち、頻繁でなければ成功報酬制が有利です。

 

 

「この日が怪しい」という考えとは反対に

 

「この日(時間)は怪しくないので省く」といった考え方で決めるのです。

 

 

例えば、夫の行動パターンが

 

・日曜日、祝日はいつも家族で過ごす。

・土曜日は、パチンコに行くと言って朝10時には家を出て17時頃に帰宅。

・月~金は仕事(残業)で、朝8時に家を出て、毎日22時頃に帰宅。

 

この場合、省けるのは

 

・日曜は、家族と過ごすので省く

・平日の昼間は仕事と判断して省く

・帰宅後(在宅中)は省く

 

つまり、調査をするのは

 

・月~金の5日間の夕方から帰宅まで

・土曜日の10時頃から夕方まで

 

以上、計6稼働を連続して行うのがセオリーです。

※弊社金額でおよそ33万円(税別)

 

 

僕も、万一空振るといけないので、あまり強くはおすすめできませんが、この様な説明をさせていただいても、一定数のお客様は、調査日を無理に絞って外してしまいます。

 

実際に、絞った日が5~6回くらい(バラバラで)「全部空振りだった(異性との接触無し)」というお客様もいらっしゃいます。

 

 

あと、この日は安全だと根拠に欠けるのに、連続して調査を入れているにもかかわらず「間の1日を省く」のもハズレを引くもとです。

 

実際によくあったのが、この日は「●●だから不要」と1日だけ抜かした日だけ、対象者がラブホに行っていたいうケースです。

 

これが1番もったいないと思います。

 

浮気夫(妻)の言うことを鵜呑みにしてはいけません。浮気夫(妻)嘘をつくことなんて日常茶飯事です。

 

浮気夫(妻)は、常にあなたを欺いたり、裏をかくことを考えているのです。

 

 

ですから、「家族揃って出かけることになった」など、完全に根拠がある場合を除き、ヤマ勘で間を抜くべきではないのです。

 

それと、別居中の場合は特に情報が不足しますので、絞るのはかなり危険です。

 

また、同居していた時と行動パターンが全く変わっていることが多く、同居中の情報はあてにならないことが多く苦戦を強いられることもあります。

 

ただし、あなたが別居先を知らない(もしくは知らないと思っている)場合をはじめ、別居中は浮気(夫)は頻繁に異性と浮気相手することも多いです。一緒に住んでいたりするケースも珍しくありません。

 

そもそも、浮気夫(妻)は、浮気相手に頻繁に会いたい(一緒に居たい)が為に、出て行ったというケースが多い様ですから・・・。

 

 

ですから、別居中の場合は、苦戦する場合と、すぐに証拠が撮れる場合と極端です。

 

結論を申し上げると

 

根拠がないのに、無理に調査日を絞ろうとするのはかえって「空振り」の危険性が高まるので、そういう場合は、安全な日を省いて、ある程度連続して調査を入れたほうが良いことです。

 

ひどい言い方にまるかもしれませんが、3~5日調査をして1~2回アタリを引けば(証拠がとれれば)良いと思って下さい。あくまで相手があることですから全部アタリというほうが無理です。

 

 

手前味噌になるかもしれませんが、弊社の料金は大手さんの「5分の1~3分の1」程度です。

 

これは、無理矢理1日に絞って、高額な大手さんに調査を依頼して「外せない」と目を血走られるよりも、弊社に頼んで頂ければ大手さん1日の料金で数日間の調査が行えるように設定している金額なのです。

 

注1:料金は安くても調査力は変わりません。岐阜でNo.1だと自負しております。

 

 

連続して調査を入れるやり方は、普通に月~金まで毎日連続というパターンもあれば、毎週●曜日だけ3週間連続してんど、色々な方法などもあります。

 

また案件によって色々ですので、お客様の状況を詳しくお話し頂き、専門家と相談して調査のスケジュールを決められることをおすすめします。

 

ご参考までに・・・。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。