新学期スタートも出鼻をくじかれる | ラクダと旅する日常
2018-09-11 18:53:11

新学期スタートも出鼻をくじかれる

テーマ:家族・子育て

9月、新学期がスタートしました。

長男は小学3年生、次男は年長です。

 

モロッコでは毎年新学期に教科書・教材を町の本屋や教材屋で購入します。(去年教材屋で酷い目にあった話はこちら

これは私立も公立も同じで、教科書代が家計の多大な負担になっていて、

親は羊を一頭買ったばかりの犠牲祭後の学費と教材費のダブルパンチに頭を悩ませています。

 

特に幼稚園ではトイレットペーパーやティッシュなど備品までも、各自結構な量を持ち込ませる学校が多く、

学費はしっかり取っているはずなのに謎の備品持ち込みや、

毎年購入する絵の具や色鉛筆(それも2,3パック)など、

沢山持って来させるわりに使っている気配のない教材に溜息をつきながら、

教科書が汚れない為に付ける恒例の「全教科書ビニールシート張り」を延々行いました。

やっと上手くシートが張れるようになってきた、、;

 

 

ついに子供のお弁当を作って送り出す生活がまた始まったと、今日は朝早く起きて張り切ってお弁当を作り、

色んな持ち物を確認して「がんばってね!」と送り出しましたが、その10分後、、、

 

息子が帰ってきました。

「なんか忘れた?!」と聞くと

「今日学校ないって」との返事。

はあ??月曜が初日で火曜がもう休み?先生たちは昨日何も言ってなかったの?と聞くと

何も言ってなかったとの返事。

 

寝ている夫を叩き起こすと、今日はイスラム歴元旦の祝日だそうです、、、。

だいたい今日明日なのは知ってたけど、何日ってはっきり決まってないから忘れてた、と夫。

せっかく頑張って朝お弁当作ったのに!涙

どうしていつもうちだけ祝日知らないのよ!!と朝から踏んだり蹴ったり。苦笑

 

しかも息子からも突然「3年生まではお弁当か給食かどっちかだけど、4年生からはみんな給食たべるんだよ」

という重要な情報が。

え?去年突然始まった給食(これも事前のお知らせなし)は選択制だったはずだけど、

4年から強制とは学校から聞いたこともない。

高い学費に高い給食費が追加されるわけで、どうしてこういう大事な事が一切学校から伝えられないのか。

高額な学費のわりに運営には不満が多く、学校がひとつのストレス源になっていますが、

他のお母さん達にこぼしても「どこも似たようなもの」だそう。

 

大事な事がいつもふわふわしてる、、、(-_-;)

こっちも肩の力を抜いて、適当にやり過ごすしかないですね、、。

 

こちらは公立学校前。

ものすごい数の生徒がどっと下校して来ます。

 

 

モロッコ雑貨とモロッコインテリアAtelierFOUKARI
*モロッコインテリア&ファッション*

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ

nocolaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス